スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊MMORPG「Pirates of the Caribbean Online」の最新ムービー 

20070130204559_0.jpg

ジョニー・デップ主演の大ヒット映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界を冒険するMMORPG,「Pirates of the Caribbean Online」の最新ムービートレイラーが公開された。
ファイルサイズは32.7MB,収録時間は2分27秒で,WorthPlaying.comのムービー紹介ページからダウンロードできる。
 このムービーは,開発スタッフがゲームの特徴について説明するという内容で,キャラクターの表情の豊かさや,外見を柔軟に変えられることが分かる。

映画のファンや,本作に関心を持っている人はチェックしておこう。(朝倉哲也)


元記事は、こちら。→ 4GAMER.NET

公式サイトは、こちら。→ Pirates of the Caribbean Online (音が出ます)

画像の人は誰?
オーリー?
似てない・・・(爆)

関連記事
ジョニー・デップ ニュースさん

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

スポンサーサイト

ジョニー・デップ、キースの前でミーハー丸出し? 

jd.jpg

映画『パイレーツ・オヴ・カリビアン』シリーズの最新作『At Worlds End』にカメオ出演するキース・リチャーズは、大スターが集結した撮影現場でも注目の的になっており、手厚い待遇を受けているそうだ。
中でもリチャーズの出演を熱望していたジョニー・デップは、憧れのスターを前に浮かれ気味だそうだ。

出演者の1人マッケンジー・クルークは、こう話している。
キースが現場に来て、みんな大興奮してる。とくにジョニー・デップの(リチャーズに対する)態度は、見ものだよ。僕らがジョニーに対して振舞うのと同じように振舞ってるんだから」

リチャーズは、デップ演じる海賊ジャック・スパロウの父親役を演じる。
デップはもともとリチャーズを念頭においてスパロウの役作りをしたそうだから、彼の出演はまさに打ってつけだ。

リチャーズ関連ニュースとして、彼はローリング・ストーンズのバンド・メイト、ロニー・ウッドの奥さんから誕生日にオーガニック製のウォッカを1ダースも贈られたという。
ウッドの奥さんは、酒を止めさせることはあきらめたらしい。
どうせ飲むなら、せめて身体にいいものをと考えたそうだ。


元記事は、こちら。→ Yahoo!ニュース

憧れの人を前にしたら、誰だって興奮しちゃいますよねぇ~♪
ジョニーも人の子だし・・・(笑)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『ジョニー・デップ100シークレッツ 』 

『ジョニー・デップ100シークレッツ 』という本が発売されているようですので、ご紹介します♪


 楽天ブックス

      ジョニー・デップ100シークレッツ

      著者: スクリーン編集部 /馬場英美
      出版社: 近代映画社
      サイズ: 単行本
      ページ数: 209p
      発行年月: 2007年02月


本体価格 1,200円 (税込 1,260 円) 送料無料

ますます魅力を増しているジョニー・デップ。
シリアスからスパロウ船長まで、映画の魅力、俳優としての魅力に満ちたジョニーを知れば知るほど彼にハマってしまうことうけあい。
そんな彼の魅力を100のクエスチョンにしました。
仕事からプライベートまで、ジョニーの秘密が満載! 
全問解けばあなたはりっぱなジョニーマニア! 
巻末に採点表もありますので、チェック!


    アマゾン

      ジョニー・デップ100シークレッツ―SCREEN公式認定

      価格: ¥ 1,260 (税込)
      1500円以上国内配送料無料













これは買いですねぇ~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップが昔のバンドでライブを行う - 米国 

10015154748.jpg

【フロリダ/米国 30日 AFP】
俳優のジョニー・デップが28日、クラブ・シネマを会場に行われた「Sheila Witkin Memorial Reunion Concert」で、80年代前半まで在籍していたバンド、The Kidsと共に久々のパフォーマンスを披露した。
70、80年代の南フロリダのロックシーンで活躍した多くのバンドが出演した同コンサートは、ソニー・ミュージック(Sony Music)で働きながら、ガンや白血病、エイズ(HIV/AIDS)を患った子供たちのための募金集めに尽力し、昨年4月に亡くなったSheila Witkin氏の追悼コンサートとして開催された。


元記事は、こちら。→ AFP BB News

You Tubeだと削除されるおそれがありますので、こちらにアップロードしました。
それでは、素晴らしいジョニーを堪能してくださ~い♪









































鼻血注意!!(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『KEI's Art gallery』に新作追加~♪ 

deppp.jpg


けーずるうむ』のけーさんの新作が届きました♪
今回も素敵~~~!!
ジョニー動きそうですよねぇ・・・動かないかなぁ・・・動いて~~~!!(爆)

こちらの絵を、またまた我がギャラリーに貸して頂きました♪
けーさん、ありがとうございます。m(_ _)m

サイト風ブログ → 『ジョニーな気分で行ってみよう!!

サイト風ブログのギャラリー → 『Art galleryの館

ジョニー以外の絵は、けーさんのサイト → 『けーずるうむ』さん

いつでも素敵な絵をみてくださ~い♪
そして、癒されましょう~♪

【追伸】
『ジョニー・デップとさちの小部屋』のさちさんのブログに、ガタロウさんがお描きになった、とても素敵なジョニーの絵が紹介されています。
写真のような絵なので、ご覧になってくださ~い♪

さちさんのブログは、こちら。→ 『ジョニー・デップとさちの小部屋』さん
ガタロウさんのブログは、こちら。→ 『大道似顔絵描きのガチンコ人生史』さん

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

Yahoo!動画で『夜になるまえに』が無料で観られます♪ 

ydo1.jpg

Yahoo! JAPANが運営する動画配信サービス「Yahoo!動画」で、映画「夜になるまえに」を配信しています。
視聴は無料です。

Broadband Watch より引用。

 夜になるまえに」は、レイナルド・アレナスの自伝を映画化した2000年公開の映画。
ヴェネチア国際映画祭で男優賞を受賞しており、ハビエル・バルデム、オリヴィエ・マルティネス、ジョニー・デップらが出演している。

 ストリーミング形式で配信され、ファイル形式はWindows Media Video。
ビットレートは384kbpsと1.5Mbpsを用意する。


配信期間  2007年1月29日~2007年3月28日

『夜になるまえに』のストリーミングは、こちら。→ Yahoo!動画

ボンボンがみれますよぉ~♪
綺麗なお尻も!!(*´ω`*)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『パイレーツ・オブ・カリビアン』新作、本当の主役はキース・リチャーズ!? 

20070128b.jpg

『パイレーツ・オブ・カリビアン』3作目の撮影現場での一番のスターはキース・リチャーズだった。

 『The Office』に出演中のマッケンジー・クルックは、リチャーズに初めて会った時のことについて、ジョニー・デップの様子に残りの出演者全員が驚いたと明かし、「キースと話しているうちに僕ら2人は同じ学校に通っていたことが分かったんだ。彼はスゴい人だったよ。セットに現れた時は緊張したし、ジョニー・デップが僕らがジョニーに対するのと同じ態度で接しているのを見るのは変な感じだったな」と話している。

 ロンドン生まれのクルックは、『ネバーランド』で共演したデップの推薦で『パイレーツ〜』に出演することになった。
本作では片目の海賊を演じており、彼の息子は父親のことを本物の海賊だと信じきっているとのこと。


元記事は、こちら。→ NCR2

ジョニーの念願叶って、出演したキースだからこそ、スターなのでしょう。
そりゃ~、緊張するわなぁ~。(笑)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

どうなる?07年の映画シーン大予測 

060703_prts_main1.jpg

21年ぶりに興収逆転! 好調邦画の勢いは続くか?
話題作めじろ押しな洋画の巻き返しなるか?

邦画のヒットばかりが目立ち洋画がかすみがちだった06年


 06年の映画界は日本映画の話題ばかりが目立つかたちとなった。
洋画では05年からの公開の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』や『ダ・ヴィンチ・コード』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』に『M:i:Ⅲ』、そしてクリント・イーストウッドの『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』の“硫黄島”2部作あたりが気を吐いたものの、日本映画の勢いが圧倒的に勝った感がある。

※※※ 中 略 ※※※

 同じく100億円を超えるヒットを記録したシリーズの完結編、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(5月25日)がある。
主演のジョニー・デップ人気もさることながら、前作が“完結編に続く”かたちで終わっているため、前作並み、もしくはそれ以上の動員が期待されている。
香港映画界から世界進出を果たしたチョウ・ユンファの出演も決定しているとあって、スケールはさらに広く豪華になったとか。

※※※ 以 下 省 略 ※※※

02_03.jpg


詳しくは、こちら。→ ORICON

06年は邦画が本当に頑張ってたと思います。
私も何年かぶりに邦画を映画館で観ましたから・・・
でも今年は、私の大好きな洋画に頑張って欲しい♪
そう思います!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

米Disney、BDソフト『パイレーツ・オブ・カリビアン』2作品を5月22日に発売 

pirates2_big.jpg
北米の複数メディアによると、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど、2007年に発売されるBDビデオソフトのキラータイトルと目される3作品の発売日が明らかになった。

Disneyによる公式リリースは出されていないが、産業経済誌「Video Business」にDisneyが出稿した全面広告で発売日が明らかになったという。3作品のスペックは公開されていない。

「Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl」(邦題:パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち)「Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest」(邦題:パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト)は、5月22日に発売される。
また、『Cars』(邦題:カーズ)は6月5日に発売の予定。

なお、今月初旬に行われた2007 International CESでは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ2作品が6月発売、「カーズ」は夏発売と発表されていた。


元記事は、こちら。→ ファイル ウェブ

いろいろな企画に参加できるのは、嬉しいことですねぇ~♪
さすが!!パイレーツ~!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

富士フイルム、専用フィルムのキャラクターに「パイレーツ・オブ・カリビアン」 

potc2197s.jpg

【リリース・化学】チェキ専用フィルムとPivi専用フィルムのキャラクターフレームタイプにディズニー映画の大人気キャラクターが同時に新登場! 
「パイレーツ・オブ・カリビアン」 
新 発 売 

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、撮ったその場でカードサイズのプリントができる人気のインスタントカメラ「チェキ」と、赤外線通信でカメラ付き携帯電話などから撮影した画像を簡単にカードサイズに高画質プリントできるケータプリンタ「Pivi(ピヴィ)」それぞれの専用フィルムのキャラクターフレームタイプに、人気のディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を新たにラインアップし、富士フイルムイメージング株式会社(社長:杉原 和朗)を通じて3月18日より数量限定で発売いたします。

インスタントカメラ「チェキ」とケータイプリンタ「Pivi(ピヴィ)」は、撮ったその場で高画質プリントができ、メッセージを書き込んで交換するなど、写真を気軽に楽しめるコミュニケーションツールとして、幅広い層のお客さまから支持をいただいています。
また、フレーム部分に人気キャラクターをあらかじめ印刷したキャラクターフレームタイプは、プリントする楽しみが増すと大変好評です。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、2003年夏に初回作「呪われた海賊たち」、2006年夏には2作目「デッドマンズ・チェスト」が公開され、幅広い層から絶大な支持を得ている大人気の映画シリーズです。
本年5月にはシリーズ3作目の公開が予定されており、ますます話題を呼ぶものと思われます。
今回発売いたしますキャラクターフレーム「パイレーツ・オブ・カリビアン」では、映画のさまざまなシーンほうふつさせるデザインが1枚ずつ異なる10種類のキラキラ光るフレームでふちどられ、プリントを格好よくクールに演出します。

富士フイルムは“撮ったその場で、すぐにプリントが楽しめる”インスタントカメラ「チェキ」とケータイプリンタ「Pivi(ピヴィ)」シリーズを通じ、今後もお客さまにより楽しく豊かなフォトコミュニケーションを提案してまいります。



チェキ専用フィルム
富士フイルム インスタントカラーフィルムInstax mini絵柄入りキラキラフレームタイプ「パイレーツ・オブ・カリビアン」
1パック品(10枚撮り) オープン価格 
Pivi専用フィルム
富士フイルム インスタックスデジタルフィルム
キャラクターフレームタイプ「パイレーツ・オブ・カリビアン」
1パック品(10枚入り) オープン価格 


元記事は、こちら。→ Yahoo!ニュース

欲しい!!
どんなフレームなのか気になりますねぇ~♪
詳細がわかりましたら、またUPします。

追記

ffnr0084.jpg

  
      ※画像をクリックすると大きくなります。



画像がありましたので、UPします。

画像元は、こちら。→ FUJIFILM

かわいい~~~♪
欲しいけど、使えなそう・・・(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ、ミーラー・ナーイル監督とタッグ 

N0009828_l.jpg

この前お伝えした記事と同じ内容ですが、一応UPしておきます。

ジョニー・デップが製作・出演する、グレゴリー・デヴィッド・ロバーツ原作小説「シャンタラム」の映画化で、『モンスーン・ウェディング』のミーラー・ナーイルが監督を務めることになった。
本作の監督には当初、ピーター・ウィアー監督が担うことになっていたが、昨年の夏に降板した。
本作は、刑務所を逃げ出したオーストラリア人がインドへ渡る物語
ナーイル監督はインド出身でもあり、その演出手腕が期待されている。
撮影は今年の後半に開始される予定で、公開は2008年となるよう。


元記事は、こちら。→ シネマトゥデイ

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

英国女性が選ぶ“世界1セクシーな男性”は? 

N0009656_l.jpg

英国の『New Woman』マガジンの読者が選んだ<世界1セクシーな男性>トップ100が発表された。
英国の女性たちによると、ジョニー・デップやブラッド・ピットよりテイク・ザットのメンバーのほうがセクシーだそうだ。

昨年、見事にカンバックを果たしたテイク・ザットは、“ピンナップ・アイドル”としての地位も再確立した。
この投票には平均年齢28歳の女性たち1万人が参加したといわれている。

テイク・ザットのほか、ミュージシャンではリアリティTVで優勝した元バステッドのマット・ウィリス(8位)、ロビー・ウィリアムス(9位)、ジャスティン・ティンバーレイク(10位)らがトップ10入り。
昨年1位だったブラッド・ピットは7位に後退した。

『New Woman』の読者が選んだ<Hottest Hunks(熱い男たち)>トップ10は以下の通り。

1.テイク・ザット
2.ダニエル・クレイグ
3.ジョニー・デップ
4.オーランド・ブルーム
5.ジェイク・ギレンホール
6.ジョージ・クルーニー
7.ブラッド・ピット
8.マット・ウィルス
9.ロビー・ウィリアムス
10.ジャスティン・ティンバーレイク

このほか、デヴィッド・ベッカム(20位)、ジュード・ロウ(24位)、ハリー皇太子(34位)、ウィリアムス皇太子(37位)に加え、ブランドン・フラワーズ(キラーズ/39位)、パオロ・ヌティーニ(53位)、マクフライ(58位)、レマー(59位)、プレストン(69位)、リアム・ギャラガー(72位)、MIKA(79位)、カール・バラー(80位)、セルジオ・ピッツォーノ(カサビアン/84位)ジェイ・Z(91位)、ボブ・ゲルドフ(94位)、アレックス・ターナー(アークティック・モンキーズ/99位)、ピート・ドハーティ(100位)らミュージシャンの名が挙がっている。


元記事は、こちら。→ Yahoo!ニュース

ジョニーは3位かぁ~。
私なら、もちろん1位ですが・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

WOWOWで放送予定の番組 

WOWOWで放送予定の番組を2つご紹介しま~す♪

独占生中継
『第79回アカデミー賞授賞式』


2月26日(月)午前9時30分(再放送は2月27日午後8時から)

栄冠は誰の手に?
世界最高峰の映画祭

詳しくは、こちら。→ WOWOW ONLINE



Brit Awards 2007

3月23日(金) 深夜0時15分

英国最高の音楽賞、Brit Awards(通称ブリッツ)。
現地時間2月14日ロンドンのアールズ・コートで行われる授賞式の模様をハイビジョンでお届けする。
近年の日本マーケットでのブリティッシュ・ロックの盛り上がりは、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする日本のロックフェスティバルでの位置の占め方や、洋楽チャートでの目立ったアクションを見ていても、目を離せない動向だ。
その集大成としての頂点に立つブリッツには、例年今の音楽シーンに欠かせない豪華アーティストたちが集結し、旬な匂いを感じさせる最高のパフォーマンスを披露する。
既に特別功労賞として、日本でも2枚組ベストが1位を獲得したOasisが発表されている。
当日のトリを務める30分強のパフォーマンスに大注目だ!

詳しくは、こちら。→ WOWOW ONLINE


『Brit Awards 2007』は、以前お伝えしました功労賞(Outstandeing Contribution To Music)を受賞するオアシスのプレゼンターを務めるジョニーが出席する賞です。
WOWOWが見られる環境の方は、ぜひ見てくださ~い♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

【第79回アカデミー賞】ノミネート作品決定!『ドリームガールズ』が最多!日本の星、菊地凛子も助演女優! 

23日、アメリカで第79回アカデミー賞のノミネート作品と俳優が発表された。
最多ノミネートは、ビヨンセが自分のキャラクターを封印して熱演したことでも話題になっている『ドリームガールズ』が6部門で8つ。
また、『クィーン』は作品賞、監督賞を含む6部門。
クリント・イーストウッド監督が日本人の視点に立って描いた『硫黄島からの手紙』は4部門。
意外なのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』も4部門でノミネートされている。

 そして何よりわたしたち日本人にとってうれしいのは『バベル』の菊地凛子が助演女優賞にノミネートされたこと。
『バベル』はほかにも作品賞、監督賞をはじめ6部門で7つノミネートされている。
授賞式は2月25日(日本26日)に行われる。
ノミネート作品、俳優は下記のとおり。

作品賞
『バベル』
『ディパーテッド』
『硫黄島からきた手紙』
『リトル・ミス・サンシャイン』
『クィーン』

監督賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『バベル』
マーティン・スコセッシ『ディパーテッド』
クリント・イーストウッド『硫黄島からの手紙』
スティーヴン・フリアーズ『クィーン』
ポール・グリーングラス『ユナイテッド93』

主演男優賞
レオナルド・ディカプリオ『ブラッド・ダイヤモンド』
ライアン・ゴズリング『ハーフ・ネルソン』(原題)
ピーター・オトゥール『ヴィーナス』(原題)
ウィル・スミス『幸せのちから』
フォレスト・ウィッテカー『ラストキング・オブ・スコットランド』

助演男優賞
アラン・アーキン『リトル・ミス・サンシャイン』
ジャッキー・アール・ヘイリー『リトル・チルドレン』(原題)
ジャイモン・フンスー『ブラッド・ダイヤモンド』
エディ・マーフィ『ドリームガールズ』
マーク・ウォールバーグ『ディパーテッド』

主演女優賞
ペネロペ・クルス『ボルベール <帰郷>』
ジュディ・デンチ『あるスキャンダルの覚え書き』
ヘレン・ミレン『クィーン』
メリル・ストリープ『プラダを着た悪魔』
ケイト・ウィンスレット『リトル・チルドレン』(原題)

助演女優賞
アドリアナ・バラザ『バベル』
ケイト・ブランシェット『あるスキャンダルの覚え書き』
アビゲイル・ブレスリン『リトル・ミス・サンシャイン』
ジェニファー・ハドソン『ドリームガールズ』
菊地凛子『バベル』

外国語映画賞
『アフター・ザ・ウェディング』(原題) デンマーク
『デイズ・オブ・グローリー』(原題) アルジェリア
『善き人のためのソナタ』ドイツ
『パンツ・ラビリンス』(原題)メキシコ
『ウォーター』(原題)カナダ

長編アニメ賞
『カーズ』
『ハッピー フィート』
『モンスター・ハウス』

ドキュメンタリー長編賞
『デリヴァー・アス・フロム・イーヴル』(原題)
『不都合な真実』
『イラク・イン・フラグメンツ』(原題)
『ジーザス・キャンプ』(原題)
『マイ・カントリー, マイ・カントリー』(原題)

ドキュメンタリー短編賞
『ザ・ブラッド・オブ・インチョウ・ディストリクト』(原題)
『リサイクル・ライフ』(原題)
『リハーシング・ドリーム』(原題)
『トゥー・ハンズ』(原題)

美術賞
『ドリームガールズ』
『ザ・グッド・シェパード』(原題)
『パンズ・ラビリンス』(原題)
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
『ザ・プレステージ』(原題)

撮影賞
『ブラック・ダリア』
『トゥモロー・ワールド』
『ザ・イリュージョニスト』(原題)
『パンズ・ラビリンス』(原題)
『ザ・プレステージ』(原題)

衣裳デザイン賞
『コーズ・オブ・ザ・ゴールデン・フラワー』(原題)
『プラダを着た悪魔』
『ドリームガールズ』
『マリー・アントワネット』
『クィーン』

脚本賞
『バベル』
『硫黄島からの手紙』
『リトル・ミス・サンシャイン』
『パンズ・ラビリンス』(原題)
『クィーン』

脚色賞
『ボラット』(原題)
『トゥモロー・ワールド』
『ディパーテッド』
『リトル・チルドレン』(原題)
『あるスキャンダルの覚え書き』

作曲賞
『バベル』
『ザ・グッド・ジャーマン』(原題)
『あるスキャンダルの覚え書き』
『パンズ・ラビリンス』(原題)
『クィーン』

歌曲賞
「アイ・ニード・ウェイク・アップ」(原題)『アン・インコンビニエント・トゥルース』(原題)
「リッスン」(原題)『ドリームガールズ』
「ラブ・ユウ・アイドゥ」(原題)『ドリームガールズ』
「アワ・タウン」(原題)『カーズ』
「ペイシェンス」(原題)『ドリームガールズ』

編集賞
『バベル』
『ブラッド・ダイヤモンド』
『トゥモロー・ワールド』
『ディパーテッド』
『ユナイテッド93』

メイクアップ賞
『アポカリプト』(原題)
『もしも昨日が選べたら』
『パンズ・ラビリンス』(原題)

視覚効果賞
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
『ポセイドン』
『スーパーマン リターンズ』

音響編集賞:Achievement in sound editing
『アポカリプト』(原題)
『ブラッド・ダイヤモンド』
『父親たちの星条旗』
『硫黄島からの手紙』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

音響賞
『アポカリプト』(原題)
『ブラッド・ダイヤモンド』
『ドリームガールズ』
『父親たちの星条旗』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』


短編実写賞
『ビンタ・アンド・ザ・グレイト・アイデア』(原題)
『エラモス・ポコス』(原題)
『ヘルマー&サン』(原題)
『ザ・サバイバー』(原題)
『ウエスト・バンク・ストーリー』(原題)

短編アニメ賞
『デニッシュ・ポエト』(原題)
『リフテッド』(原題)
『ザ・リトル・マッチガール』(原題)
『マエストロ』(原題)
『ノー・タイム・フォー・ナッツ』(原題)

元記事は、こちら。→ シネマトゥデイ

意外って・・・
どっちに意外?
意外と少ない?
4部門もノミネートされてて意外?
どっちどっち?(笑)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップの次回主演作の監督が決定! 

h_jojo061013_05.jpg

ジョニー・デップが自らプロデュースする主演映画「Shantaram」が、ついに始動することになった。
「Shantaram」はグレゴリー・デビッド・ロバーツの自伝小説を元に「フォレスト・ガンプ/一期一会」「インサイダー」のエリック・ロスが脚色した冒険ドラマで、収容所を脱走したオーストラリア人のヘロイン中毒者が、インド・ムンバイのスラムに逃亡したのちに、銃器類の密輸入や偽造などに手を染めるというストーリー。
昨年、ピーター・ウィアー監督(「マスター・アンド・コマンダー」「刑事ジョン・ブック/目撃者」)が降板したために実現が危ぶまれていたが、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の監督候補にもなっていたインド人のミラ・ナイール(「モンスーン・ウェディング」)がメガホンを取ることが決定した。
今秋クランクインし、08年公開の予定。


元記事は、こちら。→ eiga.com

やっと制作が決まったのですねぇ~♪
来年の公開かぁ~。
楽しみぃ~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

【速報】第79回アカデミー賞ノミネート発表♪ 

potc2197s.jpg

アカデミー賞のノミネートが発表された模様です!!

◆作品賞
バベル
ディパーテッド
硫黄島からの手紙
リトル・ミス・サンシャイン
クィーン

◆監督賞
クリント・イーストウッド(硫黄島からの手紙)
スティーヴン・フリアーズ(クィーン)
ポール・グリーングラス(ユナイテッド93)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(バベル)
マーティン・スコセシ(ディパーテッド)

◆主演男優賞
レオナルド・ディカプリオ(ブラッド・ダイヤモンド)
ライアン・ゴズリング(Half Nelson)
ピーター・オトゥール(Venus)
ウィル・スミス(幸せのちから)
フォレスト・ウィテカー(The Last King of Scotland)

◆主演女優賞
ペネロペ・クルス(ボルベール<帰郷>)
ジュディ・デンチ(Notes on a Scandal)
ヘレン・ミレン(クィーン)
メリル・ストリープ(プラダを着た悪魔)
ケイト・ウィンスレット(Little Children)

◆助演男優賞
アラン・アーキン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジャッキー・アール・ヘイリー(Little Children)
ジャイモン・ハンスゥ(ブラッド・ダイヤモンド)
エディ・マーフィ(ドリームガールズ)
マーク・ウォルバーグ(ディパーテッド)

◆助演女優賞
アドリアナ・バラッザ(バベル)
ケイト・ブランシェット(Notes on a Scandal)
アビゲイル・ブレスリン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジェニファー・ハドソン(ドリームガールズ)
菊地凛子(バベル)

◆脚本賞
バベル
硫黄島からの手紙
リトル・ミス・サンシャイン
Pan's Labyrinth
クィーン

◆脚色賞
Borat
トゥモロー・ワールド
ディパーテッド
Little Children
Notes on a Scandal

◆撮影賞
ブラック・ダリア
トゥモロー・ワールド
The Illusionist
Pan's Labyrinth
The Prestige

◆編集賞
バベル
ブラッド・ダイヤモンド
トゥモロー・ワールド
ディパーテッド
ユナイテッド93

◆美術賞
ドリームガールズ
The Good Shepherd
Pan's Labyrinth
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
The Prestige

◆衣装デザイン賞
Curse of the Golden Flower
プラダを着た悪魔
ドリームガールズ
マリー・アントワネット
jクィーン

◆メイキャップ賞
Apocalypto
もしも昨日が選べたら
Pan's Labyrinth

◆視覚効果賞
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
ポセイドン
スーパーマン リターンズ

◆録音賞
Apocalypto
ブラッド・ダイヤモンド
ドリームガールズ
父親たちの星条旗
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

◆音響効果賞
Apocalypto
ブラッド・ダイヤモンド
父親たちの星条旗
硫黄島からの手紙
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

◆作曲賞
バベル
The Good German
Notes on a Scandal
Pan's Labyrinth
クィーン

◆主題歌賞
カーズ「Our Town」
ドリームガールズ「Listen」
ドリームガールズ「Love You I Do」
ドリームガールズ「Patience」
不都合な真実「I Need to Wake Up」

◆アニメーション映画賞
カーズ
ハッピー フィート
モンスター・ハウス

その他のノミネート作品は、こちら。→ アカデミー賞専門サイト

ジョニーは惜しくもノミネートされませんでしたが、パイレーツ・オブ・カリビアンが、な、な、なんと!!
4部門でノミネートです!!
どれかと言わず、すべて取って欲しい♪
菊地凛子さんもノミネートですねぇ~♪
おめでとう~~~!!

また、はっきりしたら、UPしますね!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

SCREEN2007年3月号♪ 

screen0703bs.jpg

   2007年1月20日発売  税込840円

   A4ワイド

   ≪新春特別号≫

   【表紙】
   アン・ハサウェー


【付録】
①名作映画の愛の名場面「バレンタイン・ポストカード16枚セット」
②新作映画オリジナル・ポスター~「スパイダーマン3」「ブラッド・ダイヤモンド」「バベル」「ホリデイ」

【巻頭大特集】
「マリー・アントワネット」のポップ&カラフルな世界

【特集】
BIG MOVIEの新着写真をどっさり紹介~
「パイレーツ・オブ・カリビアン3」
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」ほか

麗しの恋愛映画「セクシー女優たちの魅力に迫る」

映画評論家選出ベストテン発表!

トップスター50人の2007年のスケジュールはこれだ!

松本潤インタビュー、ほか

【応募者全員サービス】
レオナルド・ディカプリオ生写真セット

詳しくは、こちら。→ 近代映画社

『FLIX 2007年 03月号』 と一緒に買えば、送料無料ですね♪


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『FLIX 2007年 03月号』 

20070122160427.jpg

   
   1月21日発売  定価890円


   ハリウッドスターの気恥ずかしい若き日々の貴重なフォト集
   あの頃、みんな若かった

発表!読者が選ぶBEST10

好評連載
発掘! あの頃のジョニーのインタビュー


などなど・・・

書店に無い方は、こちらからどうぞ♪

       アマゾンで買う!!         
          ↓                   
FLIX (フリックス) 2007年 03月号 [雑誌]

        

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

完結しない?第3弾 「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作 

ng_061211_3.jpg

風邪を引いてしまって、昨日はダウン。
PCも開くことが出来ず、記事が遅くなってすみません。

もう昨日の記事ですが、一応UPします。

米俳優ジョニー・デップ(43)主演の人気海洋冒険映画シリーズの第3弾「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」(5月25日世界同時公開)の撮影風景の写真が19日、公開された。

 昨年の日本公開作で、唯一興行収入100億円を突破した同シリーズの第2弾「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」の続編。
世界的ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ(63)が初出演するほか、アジアを舞台に活躍する香港俳優のチョウ・ユンファ(51)も海賊役で初登場するなど話題も豊富
第3弾の撮影は、第2弾と同時並行で一昨年3月から昨年初めにかけ米国内やバハマ諸島などで行われ、昨夏の追加撮影には、キースも参加した。

 同シリーズは、デップ演じる孤高の海賊ジャック・スパロウの冒険を描く海洋アクションで、純情な青年ウィル役のオーランド・ブルーム(30)、ウィルと恋に落ちる総督の令嬢エリザベス役のキーラ・ナイトレイ(21)らは、デップとともにシリーズを通して出演。
さらに今回、デップが主人公ジャックのモデルにしたとしているキースが出演したことから、さらに注目を集めている。
また、チョウも個性的な海賊役で出演、存在感ある演技を見せそうだ。

 第3弾は、前作のラストで悪霊デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の呪(のろ)いで深海の魔物にのみ込まれたジャックを、ウィルやエリザベスが救出に行くストーリー。
第1作に敵役として出演した海賊バルボッサ役のジェフリー・ラッシュも今作に復帰、これまでの同シリーズのオールスターキャストがそろった形だ。

 第3弾はシリーズ完結編とされているが、主演のデップは昨年の来日時「9000作まで出演する」と発言。
デップがこの役を気に入っていることや、全世界でもヒットしていることから、第4作以降も製作される可能性が高い。 (森田康一)


元記事は、こちら。→ 中日スポーツ

ここにきて、また続編のニュースですね・・・
どこまで本当なのでしょう?
正式発表が欲しいとこですね。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『MovieWalker シネマ大賞2006』発表♪ 

ng_061225_1.jpg


ベスト映画部門

第1位 → パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト 1095 pt

ジョニー・デップの魅力満載の海洋アドベンチャー

ジョニー・デップオーランド・ブルームキーラ・ナイトレイという豪華共演による人気アドベンチャー・シリーズ第2弾。
ジョニー・デップのお茶目な魅力も満載で、2006年公開作としてはNo.1のヒットを記録。
2007年夏にはシリーズ完結編とウワサの第3作も公開予定!

コメント
「パイレーツ2」は完成度では1に負けているけど、思いっきり娯楽に徹している潔さが心地よい(50代女) / パイレーツ、お腹がよじれるほど笑いました(40代女)/ ジョニー・デップの魅力が全開なだけでなく、大人から子供まで全編を通して楽しめる映画。(40代女)/ 今作もやってくれましたジャック・スパロウ!見ていて飽きないおもしろさ。3が楽しみ!(20代女)/迫力ある映像とジョニーたちの演技は第1弾を上回るものがあり感動しました(10代女)/ ほかの映画も悪くなかったけど、圧倒的に楽しめたのはパイレーツ2でした。(20代男)/ 「パイレーツ~」は今年の映画ではストーリーから映像までダントツ!!(10代男)

第2位 → フラガール 833 pt
第3位 → デスノート the Last name 459 pt
第4位 → 硫黄島からの手紙 385 pt
第5位 → ゆれる 332 pt
第6位 → 手紙 317 pt
第7位 → かもめ食堂 298 pt
第8位 → LIMIT OF LOVE 海猿 296 pt
第9位 → THE 有頂天ホテル 295 pt
第10位 → ダ・ヴィンチ・コード 239 pt


ベスト男優部門

第1位 → ジョニー・デップ 269 pt

もはやこの部門では無敵のV4
なんと4年連続で男優部門の1位に輝いたジョニー・デップ
2006年に公開された出演作は「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」と「リバティーン」の2本だけだが、「パイレーツ~」の公開にあわせ、7月には昨年に引き続き来日するなど、ファンには最高の贈り物となった。
2007年には「パイレーツ~ ワールド・エンド」も公開されるだけに早くもV5確定?

コメント
ジャックの役はピッタリ!!あの奇妙な動きといい、顔の表情といい凄く魅力的です。(30代女)/ 強烈なキャラはこの人の真骨頂(30代女)/ 男から見てもカッコイイ!(30代男)/ まさしく怪優!ジャック・スパロウ役は彼だからこそ栄えたと思う(30代女)/ ゴシップでなく本当に映画界を盛り上げている俳優はこの人しかいない!!!(20代女)/ ジョニーにはファンタジーが良く似合う。彼の感性と演技力の集大成がジャック・スパロウなのかと思う(50代女)/ パイレーツカリビアンのジョニーも良かったが、リバティーンのあの怪しい感じもさすが!(20代女)/ なにも言うことはありません。彼ほどのいい男はいない!!(30代女)

第2位 → 渡辺謙 100 pt
第3位 → 松山ケンイチ 84 pt
第4位 → オダギリジョー 71 pt
第5位 → 藤原竜也 52 pt
第6位 → ダニエル・クレイグ 50 pt
第7位 → 岡田准一 38 pt
第7位 → 木村拓哉 34 pt
第9位 → 伊藤英明 33 pt
第9位 → 妻夫木聡 30 pt

詳しくは、こちら。→ MovieWalker

※『ジョニデ』という書き方は、変更させて頂きました!!

この賞は4年連続で、ジョニーが取ってるんですねえ~♪
スゴイスゴイ!!
今年も、ジョニーの年は続きますよぉ~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「第61回(06年)毎日映画コンクール」の各賞♪ 

potc2197s.jpg

「第61回(06年)毎日映画コンクール」の各賞が決まった。表彰式とレセプションは2月6日に東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われる。

日本映画大賞  ゆれる(西川美和監督作品)
日本映画優秀賞 フラガール(李相日監督作品)
監 督 賞   根岸吉太郎(雪に願うこと)
男優主演賞   佐藤浩市(雪に願うこと)
女優主演賞   中谷美紀(嫌われ松子の一生)
田中絹代賞   草笛光子=敬称略

 ◇「第61回(06年)毎日映画コンクール」の上記以外の賞は次の通り。(敬称略)

▽外国映画ベストワン賞「父親たちの星条旗」
▽男優助演賞 笹野高史(武士の一分、寝ずの番)
▽女優助演賞 蒼井優(フラガール、虹の女神、ハチミツとクローバー)
▽スポニチグランプリ新人賞 塚地武雅(間宮兄弟)檀れい(武士の一分)
▽脚本賞 加藤正人(雪に願うこと)
▽撮影賞 川上皓市(紙屋悦子の青春)
▽美術賞 種田陽平(THE有頂天ホテル、フラガール)
▽音楽賞 加古隆(博士の愛した数式)
▽録音賞 白取貢(フラガール、ゆれる)小野寺修(雪に願うこと)
▽技術賞 小池義幸(嫌われ松子の一生=編集)
▽ドキュメンタリー映画賞「エドワード・サイード OUT OF PLACE」
▽アニメーション映画賞「時をかける少女」
▽大藤信郎賞「鉄コン筋クリート」
▽TSUTAYA映画ファン賞日本映画部門「デスノート」
▽同外国映画部門「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
▽特別賞 故・今村昌平、風見章子

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しくは、こちら。→ Yahoo!ニュース

おぉ~!!
こちらでは、賞を取りましたねぇ~♪
おめでとう~~~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

Art galleryに『けーさん』の絵を追加しました!! 

depp.jpg


またまた、新しく『けーさん』の絵をお借りすることが出来ました!!

どぉ~です!!
この繊細さ・・・ふぅ~・・・(溜息)
目力が、スゴイですよね。

サイト風ブログ → 『ジョニーな気分で行ってみよう!!

『けーさん』の絵は、こちら。→ 『Art galleryの館

『けーさん』もジョニーファンだそうです。
ぜひ遊びに行って、ジョニー以外の絵も見てくださ~い♪

『けーさん』のサイト → 『けーずるうむ

またまた素敵な絵に、うっとりですねぇ~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

マイケル・マン v.s. ジョニー・デップ、新たな元スパイ毒殺映画製作へ 

20061228i.jpg  VS  20070116f.jpg

昨年ロンドンで起きた元KGB工作員アレクサンドル・リトヴィネンコ氏の毒殺事件をテーマにマイケル・マン監督が制作に名乗りを上げ、すでに同テーマで制作を発表しているジョニー・デップ対抗する形となっている。

 マンの作品はリトヴィネンコ氏の未亡人マリーナさんと、氏と緊密な関係にあったスパイのアレックス・ゴールドファーヴ氏による出版予定の『Death of A Dissident』を原作とするもので、現在FRSと名を変えたKGBによるロシアの権力構造と、グラスノスチ後に起きた西側スタイルの資本主義との間で身動きができなくなってしまうリトヴィネンコ氏に焦点をあてている。


元記事は、こちら。→ NCR2

私たちが忘れないうちに映画化したいのでしょうかぁ?
恐いことだとは思わないのでしょうかぁ?
対抗する意味が解りません・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『第64回ゴールデングローブ賞』結果発表♪ 

残念ながら、ジョニーの受賞はありませんでしたが、結果が出てきてますので、ご紹介します。


【ロサンゼルス/米国 16日 AFP】
第64回ゴールデングローブ賞(The 64th Annual Golden Globe Awards)主要部門の受賞者が発表された。
★は受賞作品/受賞者。

■作品賞(ドラマ部門)
-★「バベル(Babel)」
- 「ボビー(Bobby)」
- 「ディパーテッド(The Departed)」
- 「Little Children」
- 「The Queen」

■主演女優賞(ドラマ部門)
- ペネロペ・クルス(Penelope Cruz)--「Volver」
- ジュディ・デンチ(Judi Dench)--「Notes on a Scandal」
- マギー・ギレンホール(Maggie Gyllenhaal)--「SherryBaby」
-★ヘレン・ミレン(Helen Mirren)--「The Queen」- ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)--「Little Children」


■主演男優賞(ドラマ部門)
- レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)--「Blood Diamond」
- レオナルド・ディカプリオ--「ディパーテッド」
- ピーター・オトゥール(Peter O’Toole)--「Venus」
- ウィル・スミス(Will Smith)--「幸せのちから(The Pursuit of Happyness)」
-★フォレスト・ウィテカー(Forest Whitaker)--「The Last King of Scotland」

■作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
- 「ボラット(原)(Borat: Cultural Learnings of America For Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan)」
- 「プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)」
-★「ドリームガールズ(Dreamgirls)」- 「リトル・ミス・サンシャイン(Little Miss Sunshine)」
- 「サンキュー・スモーキング(Thank You For Smoking)」


■主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
- アネット・ベニング(Annette Bening)--「Running with Scissors」
- トニ・コレット(Toni Collette)--「リトル・ミス・サンシャイン」
- ビヨンセ(Beyonce)--「ドリームガールズ」
-★メリル・ストリープ(Meryl Streep)--「プラダを着た悪魔」
- レニー・ゼルウィガー(Renee Zellweger)--「Miss Potter」


■主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
- ★サシャ・バロン・コーエン(Sacha Baron Cohen)--「ボラット(原)(Borat: Cultural Learnings of America For Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan)」
- ジョニー・デップ(Johnny Depp)--「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest)」
- アーロン・エッカート(Aaron Eckhart)--「サンキュー・スモーキング」
- キウェテル・イジョフォー(Chiwetel Ejiofor)--「キンキーブーツ(Kinky Boots)」
- ウィル・フェレル(Will Ferrell)--「Stranger Than Fiction」


■監督賞
- クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)--「父親たちの星条旗(Flags of our Fathers)」
- クリント・イーストウッド--「硫黄島からの手紙(Letters from Iwo Jima)」
- スティーヴン・フリアーズ(Stephen Frears)--「The Queen」
- アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(Alejandro Gonzalez Inarritu)--「バベル」
-★マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)--「ディパーテッド」


■外国語映画賞
- 「Apocalypto」 (米国)
-★「硫黄島からの手紙」 (米国/日本)
- 「The Lives of Others」 (ドイツ)
- 「Pan's Labyrinth」 (メキシコ)
- 「Volver」 (スペイン)


■助演女優賞
- アドリアーナ・バラーサ(Adriana Barraza)--「バベル」
- ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)--「Notes on a Scandal」
- エミリー・ブラント(Emily Blunt)--「プラダを着た悪魔」
-★ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)--「ドリームガールズ」
- 菊地凛子(Rinko Kikuchi)--「バベル」


■助演男優賞
- ベン・アフレック(Ben Affleck)--「Hollywoodland」
-★エディ・マーフィー(Eddie Murphy)--「ドリームガールズ」
- ジャック・ニコルソン(Jack Nicholson)--「ディパーテッド」
- ブラッド・ピット(Brad Pitt)--「バベル」
- マーク・ウォールバーグ(Mark Wahlberg)--「ディパーテッド」


元記事は、こちら。→ AFP BB News

ジョニーは、会場には現れませんでした・・・
やっぱり、仕事優先したのね。
ジョニーらしいです。
残念な結果でしたが、GG賞はまた来年があります!!
来年に期待しましょう♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

【速報】第64回ゴールデングローブ賞 

golden457-194.jpg

本日、ゴールデングローブ賞の授賞式がありました。
この記事を書いている時点では、まだ終わってないですが・・・

ジョニーがノミネートされている部門
 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
■ノミネート
  ・サシャ・バロン・コーエン『Borat』
  ・ジョニー・デップ『Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest』
  ・キウェテル・イジョフォー『Kinky Boots』
  ・ウィル・フェレル『Stranger Than Fiction』

こちらの受賞者が決まりましたので、発表致します!!

主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)

受賞者は~~~~~~!!



サシャ・バロン・コーエン『Borat』


残念ながら、ジョニーは受賞ならずでした!!
でも、ノミネートされたことだけでも、スゴイことよ!!

ジョニーは、会場にも姿を見せてくれていません。
欠席という噂も・・・
会場に駆けつけたジョニーファンも残念ですね・・・

とりあえず、授賞式が終わったら、また記事をUPしますね。

結果は、こちらに載っています。→ HFPA

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

パイレーツが制した2006  

060703_prts_main1.jpg

2007年は順調にスタートを切っていますが、ここで、ちょっと2006年を振り返ってみましょう。

先日、アメリカの「ピープルズ・チョイス・アワード」で、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』とジョニー・デップ大人気でした。
パイレーツ』は「最優秀作品賞(ドラマ部門)」「最も好きなフィルム」に選ばれ、ジョニー・デップは「最も好きな男優」と「最優秀男優賞」両方を受賞。
「最優秀女優賞」はジェニファー・アニストンに贈られ、『ブレイキング・アップ(原題)』で共演するヴィンス・ヴォーンが「最優秀主演男優賞」を受賞しました。

これらの賞は、インターネット上で一般の人の投票によって決められるため、全米の大衆の好みがよくわかります。
それにしても、2006年は『パイレーツ』にとって大きな一年でしたね…最も稼いだ映画だったことは間違いありません。

さて、今年はどんな映画が登場するか、楽しみですね!


元記事は、こちら。→ cinemacafe.com

本当に、去年一年間は、パイレーツが一番印象に残る思い出の一年になりました!!
今年も、パイレーツな一年にしたいですね♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ、暗殺されたロシア人元スパイの物語を映画に  

N0009771.jpg   Alexander_Litvinenko.jpg


またまた、この記事!!

ジョニー・デップが、昨年11月にロンドンの病院で死亡したロシアKGBの元スパイ、アレクサンドル・リトビネンコ氏を題材にした映画をプロデュースすることになった。
リトビネンコ氏がロンドン市内で放射性物質ポロニウム210を被爆し殺害された事件は、捜査員が英国とロシアを行き来して調査にあたるなど大掛かりな捜査が行われ話題となった。
ロンドンでは、リトビネンコ氏が被爆した当日に移動した各所でポロニウムが検出され、一時市民の間に不安も広がった。
デップは、この映画を『ディパーテッド』のプロデューサー、グレアム・キング氏と組んで製作し、出演も予定しているよう。


元記事は、こちら。→ シネマトゥデイ

日本での記事がありましたので、ご紹介しました。
前に紹介した記事と同じですが、やっぱり私は嫌だなぁ~。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

憧れのヒーローに会えて、ジョニー・デップ感激!!  

johnny-depp-and-donlevy2.jpg

ジョニー・デップ(写真)が長年尊敬してきたアイルランドの作家、JP Donleavyと初めて対面し、感動に胸躍らせた。

Donleavyが書いた「The Ginger Man」という作品を映画化するにあたり、作品へ出演できることを祈りつつ、自身のヒーローとして崇めてきた作家と顔を合わせたジョニー
パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで世界を制覇した俳優は、作品の出版50周年を記念したパーティに出席し、出版時にはその過激な内容からアイルランドとアメリカで発売禁止になったこの本の著者との出会いを語った。

「とても、とても素晴らしい人と出会い、ニューヨークで数日を一緒に過ごせたことは、とても光栄です。自分のヒーローの1人と合えるのは名誉なことです。彼はとても素敵な男性で、特に『The Ginger Man』で体験してきたことを思うと、彼がまだ正直な人物であるというのは驚くべきことです」。

今年の初めに撮影開始予定の映画は、1950年代のダブリンで法律を勉強する主人公、セバスチャン・デンジャーフィールドが繰り広げる痛快な冒険物語。


元記事は、こちら。→ TSUTAYA online

※私も『ジョニデ』って言い方が好きではないので、タイトルと文中のところを変えさせて頂きました。

ジョニーが憧れの人に会えて、私も嬉しい♪
ちょっと内容が気になる本なので、読んでみたいなぁ~。



関連記事 『ジョニー・デップ ニュース』さん
※画像をお借りしました!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

V.A.、UKの大人気コメディ番組「リトル・ブリテン」にジョニー・デップも出演を熱望!? 

現在、WOWOWにて絶賛放送中の大人気UKコメディ番組「リトル・ブリテン」。
今、各界から熱い注目を集める才人コンビ、マット・ルーカスとデヴィッド・ウォリアムズが主演・脚本・演出を手がけており、この二人が生み出す過激なキャラクターと緻密に構成されたショートコントが、UK中を笑いの渦に巻き込んでいる。

先日、コメディアンたちのチャリティ団体“コメディ・レリーフ”主催のチャリティ特別番組として、その「リトル・ブリテン」のシチュエーション・コントライヴが行なわれ、スペシャル・ゲストとしてスーパー・モデルのケイト・モスが出演!
海外セレブからも絶大の人気を誇り、出演させてほしいと逆オファーがかかるほどの勢いだ。
そんな中、なんとあのジョニー・デップ「女装マニア役で出演したい」と熱烈ラブコールを送ったそう
しかし、残念なことにマットとデヴィッドはこのオファーを断ってしまったのだとか。

現在、vibe-netでは「リトル・ブリテン」特集を展開中!
詳しい番組情報はWOWOW内リトル・ブリテン特集ページをチェック!


元記事は、こちら。→ Yahoo!ニュース

なぜ、断っちゃったのぉ~???
勿体ない!!
きっと、マットとデヴィッドも後悔してるよね・・・
見たかったなぁ?
今からじゃダメなの?(笑)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

Epic Movie - Pirate Rap 

またまた、Keiさんからの情報です♪
いつも、ありがとうございます!!m(_ _)m

パイレーツ・オブ・カリビアンの『エリックムービー パイレーツ・ラップ』です♪
それでは、ど~ぞ♪









映画より、ちょ~セクシーな感じ♪
最後のお尻には、ちょっとやられました・・・(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。