スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせとお詫びです。 

皆様、お久しぶりです。
更新を怠っていること、本当に申し訳ありません。

理由は数々あるのですが、一番大きい理由の3つをここに書きます。

一番大きな理由は、ジョニーを見るのが辛いのです。
たとえ画像であっても、ジョニー病と申しましょうか・・・
心が痛いのです。
プレミアでジョニーに見つめられた目が忘れられず、画像を見るだけで心が壊れそうなのです。
皆様には分かってもらえると思いますが、これが一番の理由です。

第二に、仕事が忙しく記事を検索する時間が少なくなってしまったことです。
こちらの方は、しばらくすれば落ち着きますので時間の問題ですね。

第三に、義務になってしまっているブログの更新に少し縛られ気味なので、常にジョニーの情報が気になってしまうことです。
更新しなくちゃ!!
という思いに駆られ、自分の時間が持てないことです。

私は映画が大好きなのですが、ブログの更新と仕事で大好きなことが出来ない。
もちろん、ジョニーの記事を探すのは大好きなことの一つですが、観たい映画やDVDが溜まってしまっています。
それも観たい!!(爆)

自分のワガママですが、土日しか時間がないので、ジョニー病が治ったら、平日のみ更新して行きたいと思います。

本当に心配してくれた皆様には、本当に本当に感謝です。
ブログをやめることも考えたのですが、せっかく出会えた皆様とお別れするのも嫌なのです。
ですので、もう少し長い目で見てやってください。
必ず復活します。
それはお約束します。

一応7月から、また始められたらと思っています。
それまでに、ジョニー病を治さないといけないのですが・・・(爆)
荒療治でジョニーの画像をいっぱい見てみようかしら・・・?(大爆)

コメントの方も7月になってから返します。
申し訳ありません。

それでは、これからも宜しくお願いします!!

                                         管理人ジョニリン


スポンサーサイト

チョウ・ユンファの場面、半分カット=映画「パイレーツ」の海賊役-中国 

cinema0408_00.jpg


【北京15日時事】ディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の一般公開が中国でも始まったが、中国海賊船の船長を演じる香港映画スター、チョウ・ユンファ登場場面が半分にカットされていることが分かった。
新華社が15日報じた。
 カットされたのは、海賊船長が一目ぼれしたヒロイン相手に中国の詩を吟じる場面など。
計20分間あったチョウ・ユンファの登場が10分間に削減された。
 新華社電はカットの理由について、「船長ははげ頭、傷跡だらけの顔に長いひげを生やしており、ハリウッドに古くからある悪魔的な中国人のイメージに沿ったものだ」とする中国映画誌の記事を引用。
当局が中国人悪役イメージに反発したとの見方を示した。
 

元記事は、こちら。→ 時事ドットコム


中国は、映画に関する禁止が数多くあり、映画も楽しめないと思います。
傷だらけでハゲのどこが悪魔的な中国のイメージなんでしょう?
私には理解できません・・・
映画を楽しめる国に生まれて良かった!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ドラえもん:ジョニー・デップと“夢の共演” 「海賊スペシャル」に船長役で!! 

PotC3-068.jpg


お友達の『ジョニーデップニュースさんのベル薔薇のKei』さんより情報を頂き、探してみました!!
Keiさん、いつもありがとうございます♪


ハリウッドスターのジョニー・デップさん(44)が、29日放送の国民的人気アニメ「ドラえもん」のスペシャル版(テレビ朝日系)に“出演”することが明らかになった。
主演映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」ジャック・スパロウのような海賊役一瞬登場するといい、ドラえもんとの「夢の共演」が実現。
ドラえもんの歴史でも海外のスターが出演するは初めて。

 デップさんが登場するのは、1時間拡大版の「海賊大決戦~南海のラブロマンス」
16世紀のカリブ海で活躍する義賊・ケネスの奮闘を見たしずかは、ドラミと共にタイムスリップする。
二人が海賊に捕まったと勘違いしたび太やドラえもんたちは救出に向かうが、悪い海賊モッケにだまされ、ケネスをやっつけることに。
しずかは、正義感に燃えるケネスに恋してしまい、ドラえもんたちと対立してしまう……という物語。
デップさんは、ケネスの友人の海賊ジョニー船長として、スパロウのような姿で現れる。

 「ドラえもん」の楠葉宏三総監督は「スペシャルで海賊のストーリーを放送することになり、そのときに『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』が公開されて、世界で一番有名な海賊であるデップさんに出演してほしいとお願いした。日米を代表するカリスマのドラえもんとデップさんの二人がタッグを組んでくれて、すごくうれしい」とコメントしている。

放送は、29日午後7時から。【渡辺圭】


元記事は、こちら。→ まんたんウェブ


その他関連記事
デップ様がドラえもんに出演!!(デイリースポーツ)


えっ?
ジョニーがアニメとなって登場ってことかなぁ?
実写じゃないしね・・・
でも一瞬なんだ・・・
もっと沢山出てくれればいいのに・・・
楽しみぃ~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

米誌有名人番付♪ 

14046726Carasun5192007103939PMs.jpg


【ニューヨーク14日時事】米経済誌フォーブスは14日、過去1年間の収入やテレビ・雑誌への露出度の多さに基づく2007年版「有名人100人番付」を発表した。
それによると、女性テレビ司会者オプラ・ウィンフリーさんが首位で、2位には昨年5位だったプロゴルフのタイガー・ウッズ選手が浮上。
また、米国映画の好調を反映して、上位10人のうち4人をハリウッド関係者が占めた。
日本人はいなかった。
 映画界からは、俳優のブラッド・ピット氏が5位に入ったほか、人気海賊映画シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」で主演を務めるジョニー・デップ氏が6位
昨年のトップからは後退したもののトム・クルーズ氏が8位、スティーブン・スピルバーグ監督は10位だった。
 このほか、3位に歌手のマドンナさん、4位に英国のロックバンド、ローリング・ストーンズが入るなど、音楽関係者も上位に名を連ねた。 


元記事は、こちら。→ Yahoo!ニュース


6位ですかぁ~?
微妙な順位ですね・・・
でもジョニーはシャイですから、あまりTVとかには出演したくないかもしれませんね。
っていうか、出たくない方でしょう!!(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

俳優 チョウ・ユンファ(52)海賊? 私はなれないでしょうね。 


西日本新聞より抜粋

-ジョニー・デップさんの印象は?
チョウ:彼とは初めて共演しましたが、口数は少なく、恥ずかしがり屋。普段の彼と、キャプテン・ジャック・スパロウとは区別できませんね。

-「口数が少ない」ってのは、私のジャックのイメージとずいぶん違いますが。
チョウ:ジャックも実は口数が少ないんですよ。ああやって、人の前で良くしゃべるのは、裏を返せば、シャイで口下手だからなんです。

-エンディングロールの後に1シーンあります。あれを見ると、ファンとしては続編を期待してしまいますが。
チョウ:ぜひ、私としても続編を作ってもらいたいんですよ。そしたら、また映画に登場して、今度はもっと思いっきりジョニー・デップ殴ってやりますよ(笑)


詳しく&元記事は、こちら。→ 西日本新聞


思いっきり殴るのは・・・
口数が少なくてシャイだから素敵なんですよね!!

昨日は、PCの調子がおかしく、またまたリカバリをしていたために更新出来ませんでした。
すみません。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「パイレーツ」ディズニー史上最速の興収60億円突破 

PotC3-068.jpg


ジョニー・デップを始めとした出演者、監督、プロデューサーによる大々的な来日キャンペーンや、大ヒットシリーズ完結編という話題性などから、公開スタートから異例の好成績を収めている『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
公開3週目に入った現在も、週末興行ランキング(興行通信社調べ)で3週連続1位をキープし、ディズニー史上最速となる公開後17日間での興収60億円突破を果した。

ディズニー歴代興収60億円突破記録はこちら

 日本中を熱狂させた『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』だが、その勢いは未だ留まるところを知らず、6月10日(日)までのトータル興行収入は61億円を突破。
興収50億から60億までは、わずか3日間とさらに勢いを増している。

 また、興収100億円の前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は60億円突破に22日間かかったが、今作は17日間と、その勢いを超えディズニー史上最速を達成した。
配給元によると、『~/ワールド・エンド』は吹替え版の稼働率が高く、この先も老若男女、幅広い層の来場が見込めるとする。

ディズニー歴代興収60億円突破記録ランキング はこちらへ


元記事は、こちら。→ オリコン


こちらも、おめでとう♪
吹き替えで観る人が多いみたいですね。
っていうことは、リピーターも多いのではないでしょうかぁ?
この調子でもっともっと記録を作って欲しいですね♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

総合、音楽DVDは、先週に続き『パイレーツ2』、ZARDが1位に! 

20070530-00000014-oric-ent-view-000.jpg


6/18付のオリコンDVDランキング総合1位は、先週ミリオンを突破したジョニー・デップ主演の超人気映画“パイレーツ・オブ・カリビアン”シリーズの第2作『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト 2-Disc・スペシャル・エディション』(累積106.8万枚/週間2.9万枚)が2週連続で獲得
最新作『~/ワールド・エンド』の劇場公開で再びついた勢いは未だ衰えず。

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しく&元記事は、こちら。→ オリコン


おめでとう♪
まだまだ売れ続けてる『パイレーツ2』!!
もう持ってない人は少ないかも・・・?(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

世界で一番硬いガイコツ 

20070611-00000006-giz-ent-view-000.jpg


直接はジョニーとは関係ないですが、面白かったのでご紹介♪


死んでもこんな風にはされたくありません。

こちらはイギリス人芸術家、Damien Hirstさんの作品。
散りばめられたダイヤモンドの数は8601個、なんでも1100カラット分なんだそうです。
ふ~ん。総額は…な、なんと1500万ドルを超す、超豪華仕様!

どうせセレブでブルジョワな人が「キャッシュで」なんて言いながら、お買い上げしちゃうんだろうなぁ。

そしたら、ぜひともジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)奪ってもらいたいですね。
あ! そんな展開なら、ボクもこんなダイヤモンド骸骨にされてもいいかな。  (かつどん)

参照サイト : http://www.removethelabels.com/?p=4765 [removethelabels]


元記事は、こちら。→ ギズモード・ジャパン


ジャック船長に奪って貰えるなら、私もダイヤモンド骸骨でもいい!!
胸に抱かれるんですよね・・・?ムフッ・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

パイレーツ・オブ・カリビアン記念グッズプレゼント♪ 

現在公開中の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」が、公開2週間で興行収入50億円を突破した。
大ヒットを記念して、オリジナルTシャツ・バンダナを、パイレーツペーパーバッグに入れて読者3人にプレゼント

希望者は官製はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて、
〒060―0004
札幌市中央区北4西6の1
スポニチ北海道支社「パイレーツ・オブ・カリビアン」プレゼント係へ。
15日の消印まで有効。

元記事は、こちら。→ スポニチ


どんどん応募しちゃいましょう♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「パイレーツ」3作目 「意外性」で勝負 

10014299691.jpg


一大ブームを巻き起こした「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの最終章「ワールド・エンド」が公開中だ。
3部作すべてを演出したのはゴア・バービンスキー、43歳。
世界的な大ヒットで新たなハリウッドのヒットメーカーに躍り出た。

 第1作(03年)でアステカの呪いの金貨、第2作(06年)では深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズの心臓をめぐって冒険を続けた海賊船長ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と、ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)
今度は東インド会社のベケット卿が心臓を手に入れ、海賊たちを次々と葬っていく。
海賊たちの生き残りのカギを握るのが前作で死んだジャック
ウィルたちはジャックをよみがえらせるために「世界の果て」に旅立つ。

 当初は1作だけの予定だったが、全世界興行収入6億5000万ドルと予想を超える大ヒットで続編が決定。
2作「デッドマンズ・チェスト」は10億ドル超、3作も公開2週間で日本だけで50億円超の興収をあげている。

 ディズニーのアトラクションから着想を得たアクション映画がなぜここまで大ヒットとなったのか。
バービンスキー監督要因は二つあったと説明する。

 まずはジャック・スパロウの存在だ。
ジョニーのユニークなパフォーマンスが観客に支持された。スタジオは最初、このキャラクターを心配したが、『大丈夫。この作品はほかの要素で彼の演技をサポートできる』と説得したんだ」

 さらには「観客の想像できない要素をどんどん入れていった」ことをあげる。
例えば、ジャックが囚(とら)われているデイヴィ・ジョーンズの墓場のシーン。
たくさんのジャックが登場し、狂気に満ちた演技を繰り広げる場面は驚きだ。

 最終章にはローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズジャックの父親役で出演したのも話題。
ジャックの役作りのためキースを参考にしたというのは有名な話だ。

 「我々の知らないうちに2人の間だけで出演を決めてしまった。キースは役者じゃないからコントロールできない人。フレームをはずれたり、何をしでかすかわからなかったり、昆虫をおいかける写真家のような気分だった」

 今のところ、次回作の予定はなく、ゆっくり休みをとるという。
この7年ほど家族とまともに過ごす時間がなかったからだ。
「仕事ばかりで現実から離れてしまった。まずは、電車に乗ったり、本を読んだり、日常に戻りたいね」


元記事は、こちら。→ asahi.com


ジョニーの存在は大きかったと思います。
この作品に出演しなければ、今のジョニーは無いですから・・・
それくらい、みんなに指示された役なんだと思います。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「シン・シティ3」を既にプラン中!?とフランク・ミラーが明かす 

 「グラインドハウス」の興行的失敗から、ロバート・ロドリゲス監督の「シン・シティ2」のプロダクションそのものが暗礁に乗り上げ始めた危機的状況にあることは先日お伝えした通りだが、6月7日、原作者フランク・ミラーが、MTV.comの取材に対し「シン・シティ3」製作のプランがあることを明かした。

 「2」の撮影延期問題に関して「私には理解できない、いや、本当に理解したくもない問題がいくつかあった」と、同サイトに語ったミラーは、「3」についても少し触れ、ストーリー的には幻覚症状を起こしたアーティストのウォレスが主人公の第7巻「Hell and Back」が原作になると説明している。
噂では、このウォレス役ジョニー・デップのためにミラーが描いたキャラクターであり、無事に映画化されれば、ロドリゲス監督とは「レジェンド・オブ・メキシコ」で組んだ仲だけに、当然デップが出演してもおかしくない。

 同サイトにミラーは、「実際に撮影されるまで、キャストについて語れないんだ。
(デップの出演に関して)それは近いかもね」と含みがある答えを残している。


元記事は、こちら。→ eiga.com


『シン・シティ』は観ましたが、暗いイメージがあります。
ジョニーの好きそうな雰囲気はあるかもしれません。
さて、実現するのでしょうかぁ・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

Happy Birthday to Johnny!! 

4s1.jpg


今日はジョニーの誕生日ですね♪


ジョニー、誕生日おめでとう!!


幸せな1年でありますように・・・

そして、私の母の誕生日でもあるんです。
今日は土曜日ということで親戚やら私の弟家族が来たりで、忙しい1日に・・・
ジョニーの誕生日も一緒にお祝いしました。(爆)

ジョニーは、44歳には思えないですね。
そんなジョニーだから、いつまでも若く素敵な人でいてくれると思います。
これからも沢山の人に夢を与えてくれるでしょう♪
お誕生日おめでとう!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『学校へ行こうMAX』YouTube動画♪ 


You Tubeにて『学校へ行こうMAX』の動画がありましたので、ご紹介します。
見逃しちゃった方、必見ですよぉ~!!


















何回観てもカッコイイ・・・♪
何回も観ちゃってくださ~い!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版♪ 

20070608134906.jpg


Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2007年 07月号 [雑誌]


  価格: ¥ 580 (税込)

  キースと一緒のジョニーの
  あの雑誌が日本版となって発売です。

  もう買うっきゃないでしょう♪(笑)








記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

全米はサマーシーズンまっただ中! 日本映画界の夏を占う大作が続々公開中 

20070513f.jpg


しばらくお休みしてしまった間に、サマーシーズンのビッグタイトルが2つも公開されている全米ボックスオフィス。
まずは先週の初登場1位に続きV2を達成した『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
全米同時公開の本作は日本でも大ヒットを記録。
だが、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のオープニングには届かなかった…。
『パイレーツ4』も企画されているというが、一応は三部作の最終章だけに、今後の持久力に期待したいところ。
( この映画のフォトギャラリーはこちら )

※※※ 中 略 ※※※

そして3位は『シュレック3』。
日本でも6月30日(土)の公開を前に徐々に盛り上がりを見せている本作だが、先々週の初登場時に首位を記録するも先週、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』にあっさり抜かれてしまい、今週はさらに1ランクダウン。

※※※ 省 略 ※※※


詳しく&元記事は、こちら。→ cinemacafe.net


やはり『スパイダーマン』との戦いなんですね・・・
このまま、ずっと1位であったらいいのに・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

マレーシア、海賊版撮影の検閲に暗視ゴーグル採用 

全米映画協会(MPAA)がマレーシアの映画館に暗視ゴーグルを贈ったそうです。
上映中の映画をカムコーダで撮影して売る不届き者を見張り、摘発します。

館内の善良な市民の鑑賞の妨げにならぬよう暗視にした上で、ギレルモ・デル・トロ監督みたいなホラーテイストをプラス。
暗がりからゴーグルつけた係員がヌッと現れたらそれなりに怖いので再発防止効果も期待できそう。

『スパイダーマン3』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の封切りが重なったこの2カ月で17件の摘発に成功したようですよ? 

MPAAでは検閲犬のラブラドール2匹もマレーシアに贈ったんですが、こちらはなんと違法DVD50万件もの差し押さえに成功! 
たまりかねた海賊版DVD密売組織が犬の首に懸賞金を掛けたという専らの評判です。  -Wilson Rothman (翻訳:satomi)


元記事は、こちら。→ Yahoo!ニュース

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

Infoseek 検索キーワードランキング (2007/5/29~2007/6/4) 

20070320-00000005-flix-movi-view-000.jpg


Infoseekより抜粋

■エンタメタイトル
1位を制したのは映画「THE QUEEN」。
主演の“ヘレン ミレン”の演技が高く評価され、アカデミー賞を受賞した今作。
口コミで評判が広まり、中高年層を中心に人気を集めている様子。
この快進撃がいつまで持続するか、注目したい。
この影響で2位「パイレーツ・オブ・カリビアン」、3位「大日本人」はそれぞれ先週よりもランクを一つ下げる結果に。

4位のドラマ「砂時計」は今月1日に全60回の放送が終了。
少女漫画原作の純愛を描いた昼ドラは、一時のドロドロ系とは違った魅力で主婦層の話題を集めたようだ。
7位「のだめカンタービレ」は、原作漫画最新刊の発売が近いせいか、ドラマは終了しているにも関わらず先週よりランクアップ。
根強い人気が伺える。


詳しく&元記事は、こちら。→ Infoseek


2位になっちゃいましたが、また来週は1位になってくれると思います。
まだまだパイレーツ~も負けませんよぉ!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『パイレーツ・オブ・カリビアン3』の興行収入は水増しだ!ソニーが異例のダメだし? 

10014299691.jpg


 記録的なスタートを切った『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』だが、ディズニーが発表した興行収入に対し、ソニー・ピクチャーズが文句をつけた。
ソニーは、この件について異例ともいえる公式文章を公開
それによると興行収入は通常、封切りから6日間の数字が発表されるが、ディズニーが発表したのは7日間を集計したものらしい。
7日目も含めるなら、ソニーの『スパイダーマン3』は『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』を上回り、ソニー側としてはおもしろくないようだ。
それに対して、ディズニーは世界各地のプレビューも含めたことを認めているが、最終的な数字に影響を与えるほどのものではないとコメントしている。


元記事は、こちら。→ シネマトゥデイ


どっちも必死ですねぇ・・・ボソッ


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

MTV映画賞でジョニー・デップ、ベスト演技賞受賞♪ 

mtv07.jpg


6月3日、MTVムービー・アワード授賞式が行われ、キャプテン・ジャック・スパロウ役のジョニー・デップベスト演技賞を受賞し“黄金のポップコーン”を受け取った。
また、ベスト映画賞にも「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」が輝き、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが同トロフィーを受け取った。
ブラッカイマーは「ジョニーなしでは、この賞をもらえなかったでしょう」と喜びのスピーチを述べた。

 MTVの視聴者から熱烈に支持されるスターに贈られるMTVジェネレーション賞はマイク・マイヤーズ。
「シュレック3」の“妻”であるキャメロン・ディアスから名前を呼ばれると、「オースティン・パワーズ」風にグループダンスで登場し、ジョーク混じりのスピーチをして、会場の笑いを誘った。

※※※ 中 略 ※※※

 MTVムービー・アワード授賞式の模様はMTVジャパンにて、6月30日12時より初回放送、同日24時より再放送される。
 

元記事&詳しくは、こちら。→ eiga.com



















その他の関連記事
ジョニー・デップ、『パイレーツ・オブ・カリビアン2』がMTV賞を受賞(シネマトゥデイ)
2007年度MTVムービーアワード発表! 最優秀未公開映画賞に『トランスフォーマー』(シネマトゥデイ)


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

学校へ行こう!MAXの情報をいち早くお届けします! 

14046726Carasun5192007103939PMs.jpg


6月5日(火)の「学校へ行こう!MAX 特別編」は・・・

天才エレクトーン少女 VS ジョニー・デップ 夢の対面スペシャル!!

1年前、大成功を収めたジョニー・デップ インタビュー!

今年もなんと、「学校へ行こう!」にジョニー直々のオファーが!!

そんなジョニーと今回対面を果たすのは、4歳の天才エレクトーン少女れいちゃん!!

現在公開中の「パイレーツ オブ カリビアン・ワールドエンド」の

プロモーションでジョニーがインタビューを受けたのは

世界中で、たったの2番組のみ!!

そんな名誉あるインタビューに、V6も大緊張! 

そして、ついに迎えた対面の時・・・

れいちゃんがジョニーの前で新作を披露!

ジョニーに「ハリウッドに来るべきだ」とまで言わせた

その演奏とは!?

今日は永久保存版です・・・絶対にお見逃しなく!!


元記事は、こちら。→ 学校へ行こう!MAX


いよいよですね♪
先週の予告を見ましたが、パパのような目をしたジョニーがいましたよぉ!!
もうこれは必見です!!
私は録画予約しましたぁ~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「密陽」受賞効果で「カリビアン」を追う 

映画「密陽」がカンヌ国際映画祭主演女優賞受賞のおかげで、ハリウッドのおばけ映画「パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールドエンド」を猛追撃した。
4日午前、映画館入場館統合電算ネットの集計によれば「密陽」は30.7%のシェア、270スクリーンという不利な状況にもかかわらず「パイレーツ・オブ・カリビアン3」の後を追った。
先週に続き2週連続1位だった「パイレーツ・オブ・カリビアン3」は週末、17万5483人の観客を加えて累積観客298万9633人となった
観客シェアも半分に肉薄する49.5%で、爆発的な興行力を誇示した。
チョン・ドヨンのカンヌ主演女優賞受賞のおかげで「密陽」は前売り率上昇と共に週末観客シェアでも良い成績を見せた。 10万8908人の観客を加えて62万836人の累積観客数、シェア30.7%を占めた。

チョン・ドヨンの画像と元記事は、こちら。→ innolife.net


でも、凄い差がありますよね・・・
追いつかないと思います。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

DVD『パイレーツ・オブ・カリビアン2』が史上9作目のミリオン突破! 

20070530-00000014-oric-ent-view-000.jpg


6/11付のオリコンDVDランキングでは、ジョニー・デップ主演の超人気映画シリーズの第2弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト 2-Disc・スペシャル・エディション』が、2006/12/18付の初登場週以来の総合DVDランキング1位返り咲きを果たし、同時に累積売上103.9万枚を突破
総合DVDランキング史上9作目のミリオンセラーを達成した。

 DVD作品では、2006/1/2/付での『ハウルの動く城』以来、1年5か月ぶりのミリオン到達。
また、“パイレーツ~”シリーズは、最新作『~/ワールド・エンド』の劇場公開が始まった影響が大きく、シリーズ2作目の今作とともに、第1作の『~/呪われた海賊たち』総合4位に浮上している。

 総合2、3位は、原作・藤沢周平、監督・山田洋次、主演・木村拓哉の『武士の一分 豪華版』、『~通常版』(初登場赤丸付、各2.8万枚、2.5万枚)。
時代劇作品として、今年初のTOP3入り。


元記事&詳しくは、こちら。→ オリコン


DVDも売れてますねぇ~♪
『AWE』だけ観ても解らないですから・・・(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』週末動員2週連続1位!! 

PotC3-050.jpg


まっちゃんVSたけし、週末動員は「大日本人」


 松本人志の初監督作『大日本人』、北野武監督第13作目『監督・ばんざい!』、長澤まさみ、山田孝之、塚本高史トリプル主演『そのときは彼によろしく』など、話題の邦画がいっせいに公開されたこの週末(6/2~6/3)の映画動員ランキングが発表された。

映画動員ランキング表はこちら

 新作5本がトップ10に登場する大激戦を制したのは、初登場から2週連続となる1位をキープした『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』
テレビ放送されたシリーズ1作目が高視聴率を獲得してたところだが、パイレーツ旋風はおさまる気配をみせず、他作品を大きく引き離してのトップランクインとなった。

 2位には、カンヌ国際映画祭出品や、作品内容を全く公表しない戦略などが話題を集めた松本人志の初監督作『大日本人』がランクインした。
土日2日間で動員15万6700人、興収2億2691万円を記録。
同日に公開スタートした『監督・ばんざい!』との芸人監督作品対決は、『大日本人』に軍配が上がる結果になった。

 そのほか初登場作品では、『そのときは彼によろしく』が4位、『女帝 <エンペラー>』が9位、『監督・ばんざい!』が10位にランクインしている。

 
映画動員ランキング表など詳細は こちらへ。→ オリコン


さすがパイレーツ♪
2週目も2位を大きく離してのトップなんですね♪
この調子で3週目も4週目も取って欲しいです!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

P・ヒルトン、収監前にMTV授賞式に出席 

poc_ticket_h1.jpg


[ロサンゼルス 3日 ロイター]
 保護観察中の飲酒運転で23日間の禁固刑を命じられた米人気タレントのパリス・ヒルトンが3日、当地で行われたMTV主催の映画賞「MTVムービー・アワード」の授賞式に出席した。
 ヒルトンが収監間近であることを司会者のサラ・シルバーマンが伝えると、客席から喝采がわき起こった。
ヒルトンは5日からロサンゼルスの刑務所に入る予定。
 同映画賞では、「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」最優秀映画賞を受賞
同作品に主演したジョニー・デップ最優秀男優賞を受賞した。
 このほか、コメディ映画「Borat(原題)」に主演した英国人コメディアン、サシャ・バロン・コーエンが最優秀コメディ・パフォーマンス賞を受賞した。


元記事は、こちら。→ ロイター


おめでとう♪
なんでも賞を取ることは嬉しいですよね♪
この調子で色々な賞を取ってもらいたいです!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

全米映画興行収入=「パイレーツ・オブ…」最新作が2週連続首位 

風邪を引いてしまい更新出来ませんでした。
申し訳ありません。
また明日からは、順次更新出来るように頑張ります。


20070604-00000648-reu-ent-view-000.jpg


[ロサンゼルス 3日 ロイター]
 6月1―3日の全米映画興行収入ランキングは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」が、4320万ドル(約52億7000万円)で2週連続首位をキープした。
公開初日からの興行収入は2億1650万ドル
 コメディ映画「Knocked Up(原題)」は2930万ドルで初登場2位。
 人気アニメシリーズの最新作「シュレック3」は2670万ドルで2位から3位に後退。
 ケビン・コスナー主演のサスペンス映画「Mr. Brooks(原題)」は1000万ドルで初登場4位だった。


元記事は、こちら。→ ロイター


2週でも3週でもトップでいて欲しいですね♪
金額が大きすぎて、私にはどのくらい凄いのか分かりません・・・(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

キーラ・ナイトレイ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』からの解放 

キーラ・ナイトレイ『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』も無事に封切りされ、新しい役に挑戦できることに解放感を感じていると語った。
「とにかくホッとしているわ。パイレーツも楽しかったけど、ジョニー・デップのキャラクターに焦点が当たっている映画だから、役の精神面や葛藤などを追及する映画ではなかったの。次の役では頭を使えるのがうれしいわ」とイギリスのエンパイア誌のインタビューで語った。
ナイトレイの次回作はジェームズ・マカヴォイと共演している『アトーンメント』(原題)。


元記事は、こちら。→ シネマトゥデイ


何だか私には皮肉に聞こえるかも・・・
エリザベスが主演の映画では、広がらないと思うんですが・・・
まぁ、私の戯言です。(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

新庄がタコ男に!でも誰も気づかず… 

l_wk_070530poc02.jpg


公開中の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」のメーキング映像が1日午後5時から、東京・渋谷のスクランブル交差点にある3ビジョンで流される。

 製作過程が紹介されるとともに、先月23日に東京・千代田区の日本武道館に5800人を集めて行われたアジアプレミアの模様も映し出される。
当日は主演のジョニー・デップ(43)らにまじって、「タコ男」と呼ばれる深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズが登場したが、その正体が元プロ野球選手の新庄剛志氏(35)だったことも明かされる。

 総合宣伝プロデューサーの立場から、自ら変装を提案したそうで、当日気付いたファンはいなかった
現役時代にゴレンジャーなど奇抜な格好でファンのハートをつかんだ経験も生きた演出。
新庄氏は「対馬生まれで、よくタコを取っていた。タコの気持ちが分かった気がするが、気付いてくれる人がいなくて残念」と複雑な表情だ。


元記事は、こちら。→ スポニチ


私も気が付きませんでした・・・
でも、プレミアに新庄さんがいなかったことは不思議に思いましたよぉ!!
そういうことだったんですね♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

Infoseek 検索キーワードランキング (2007/5/22~2007/5/28) 


Infoseekより抜粋

■エンタメタイトル
25日に最新作が全世界同時公開された「パイレーツ・オブ・カリビアン」先週6位から首位へと浮上した。
25~27日の北米映画興行収入では、約137億円で初登場1位を達成
今年も海賊旋風が巻き起こる?
4位は早くも夏ドラマの「花ざかりの君たちへ」がランクイン。
男子高校生を演じる主演“堀北真希”の髪型にも注目が集まりそう。

※※※ 中 略 ※※※

■映画作品
カンヌ国際映画祭の興奮も覚めやらぬ中、今週は「映画作品」ランキングをお届け。

1位はやはり待望の3作目が公開されたばかりの「パイレーツ・オブ・カリビアン」
海賊に首位を奪われたものの、海外での評価も上々? の「大日本人」は2位。
注目の3位はカンヌでグランプリに選ばれた“河瀬直美”監督の「殯の森」がランクイン。
ちなみに殯(もがり)とは『高貴な人の本葬をする前に仮に祭ること、またはその場所』という意味なんだそうです。
そのほか世界のキタノこと“北野武”最新作の8位「監督・ばんざい!」の公開に合わせ同時上映される、短編映画の14位“素晴らしき休日”など、カンヌ映画祭出品作品に彩られる結果となった。

(記事提供:Infoseek)


詳しくは、こちら。→ Infoseek


やはり公開時期になると検索が増えますよね。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』は気になるでしょう♪(笑)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。