スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】ジョニーとティムのインタビュー♪ 

tjin.jpg


某お友達に、こんな素敵なジョニーが!!と連絡を頂きました。(爆)
ありがとうございました。m(_ _)m


ではでは、見てくださいマシ!!
          ↓
http://video.accesshollywood.com/player/?id=189396


コーヒーを吹き出してしまうジョニー!!
きゃ~~~!!
浴びたい・・・(変態)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

スポンサーサイト

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』視覚効果スーパーバイザー ジョン・ノール、インタビュー 

12月5日にDVD発売される「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」
それに併せ、視覚効果スーパーバイザーであるILMのジョン・ノール氏が来日した。
ジョン・ノール氏は1986年にILMに入社してすぐ「キャプテンEO」に参加。
3年後にはジェームズ・キャメロン監督の「アビス」以降、視覚効果スーパーバイザーに昇格し、「スター・ウォーズ」シリーズ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど大ヒット作の視覚効果を手掛けてきた人物だ。

※※※ 以 下 省 略 ※※※

続きは、こちら。→ 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』視覚効果スーパーバイザー ジョン・ノール、インタビュー - cinematopics online



視覚効果のスタッフまでも宣伝しなければならないのね・・・
大変ですよね・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ、ティム・バートンとロンドンでクリスマス・ショッピング 

071128_gossip_main.jpg


英国でのクリスマス公開を前にティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の記者会見が26日、ロンドンで開かれ、ジョニーもバートン監督やヘレナ・ボナム=カーターら共演者と出席。
同日にバートンと2人、クリスマス・ショッピングに出掛けた

※※※ 中 略 ※※※

ジョニーはTVシリーズ「アグリー・ベティ」の人形もお気に入りの様子だった。

友人宅のスタジオでデモテープを録音したというジョニーの歌声が聴ける『スウィーニー・トッド』、日本では2008年1月19日(土)から公開予定。


詳しくは、こちら。→ cinema cafe.net


※その他のショッピングの様子は、『ジョニーデップ ニュース』さんでご覧ください。


プレゼント・・・いいなぁ~♪
私は、あげる側になってしまった・・・貰うこと無くなったなぁ~(遠い目)爆

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

オシャレな海外スターといえば、やっぱりアノ人!? 

venice2_boardsizes.jpg


オリコンが「オシャレだと思う男性海外スター&女性海外スター」についてのアンケートを行ったところ、話題の映画やCMなどでおなじみの海外スターが人気を集め、男性は【ジョニー・デップ】、女性は【キャメロン・ディアス】が栄光の1位を獲得した。

※※※ 中 略 ※※※

次は海外スターの男性部門。1位の【ジョニー・デップ】(アメリカ)には、「個性的なファッションを、ものにするあのセンスには脱帽」(愛知県/20代社会人/男性)、「非常に特異な衣装なのに、すべて着こなしている」(東京都/専門・大学生/男性)など、多彩な役を演じ分け、衣装を着こなすセンスへの称賛が多く寄せられた。
また、「来日時のファッションがかっこいい」(東京都/中・高校生/女性)とプライベートのファッションへの評価も高かった

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しく&ランキングは、こちら。→ オリコン


ちょっと前までは、個性的なファッションと言われていたのに、今やオシャレでカッコイイですかぁ!!
ジョニーのファッションは、ジョニーにしか着こなせない!!
マネしてる人、多いですけどね・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

歌うジョニー・デップ、「スウィーニー・トッド」の歌声が初公開! 

sweeney-todd42.jpg


ジョニー・デップが、スティーブン・ソンドハイムの同名ミュージカルの映画版「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(ティム・バートン監督)の中で、ミュージカルナンバー「Epiphany」を歌うスタジオ収録風景を映した動画がMySpaceで正式公開され、話題を集めている。
スウィーニー・トッド役を演じるデップの歌いっぷりの良さに、映画への期待が高まるばかりだ。

一方で、デップが歌う別のミュージカルナンバー「Johanna」が、音声のみYouTubeにアップされた。
これは、先週ニューヨークのリンカーンセンターで上映された、同作の20分間の特別フッテージの音源から編集された5分半のバージョン。
後半には、ラベット夫人役ヘレナ・ボナム・カーターの歌声や、客席からの笑い声も聞こえ、デップの怪演は相当見応えがありそうだ。

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しくは、こちら。→ eiga.com


スタジオ録画風景は、こちら。 繋がりにくい場合は、下の方の【... Read more 】をクリックしてください。
       ↓
http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.channel&ChannelID=199090146


『スウィーニー・トッド』日本版サントラの予約は下記で出来ます。
価格: ¥ 2,680 (税込)
発売予定日:2008年1月16日
      ↓


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

続きを読む

全米脚本家組合ストライキで、ジョニー・デップらの映画も制作延期 

【11月21日 AFP】
今月初めから行われている全米脚本家組合のストライキの影響で、ジョニー・デップの主演映画やペネロペ・クルス出演のミュージカル大作の制作が延期されることになった
エンターテイメント情報誌バラエティ(Variety)が20日、報じた。

 デップ主演の映画『Shantaram』は、グレゴリー・デヴィッド・ロバーツの同名小説を映画化したもので、ミーラー・ナーイルが監督を務める。

※※※ 中 略 ※※※

バラエティによれば、この2作品はストライキが始まるまでに脚本が完成していなかったため、制作が延期になるという。

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しくは、こちら。→ AFPBB News


Keiさんのブログ『ジョニー・デップ ニュース』さんでは、シャンタラムの日本公開日も紹介されています。
ゴールデンウィークあたりなのね・・・

Keiさんのブログは、こちら。→ ジョニー・デップ ニュース


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

試写会『スウィーニー・トッド』情報&雑誌紹介♪ 

『スウィーニー・トッド』試写会のプレゼントが各雑誌に掲載されているとKeiさんに情報を頂きましたので、雑誌紹介を兼ねてご紹介しようと思います。

Keiさん、いつもありがとうございます♪m(_ _)m

keiさんのブログは、こちらデス。→ ジョニー・デップ ニュース

続きを読む

報知映画賞・特選試写会「スウィーニートッド」…配給:ワーナー・ブラザース映画 

sweeneytodd1.jpg


ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビの最新作は残酷で猟奇的なのにコミカル。
トニー賞8部門に輝く傑作ミュージカルが原作。
ミュージシャン出身のジョニー・デップ本格的な歌声も見どころ

19世紀ロンドン。
無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。
15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、復讐の殺人理髪師“スウィーニー・トッド”。
2階の理髪店で起こるおぞましい出来事を、なまめかしく美しい大家(ヘレナ・ボナム=カーター)はある方法で見事に覆い隠していく…。
上映時間=2時間(予定)。
日時 12月25日(火)午後6時開場、6時40分開映
会場 よみうりホール(有楽町・読売会館7階)


【申し込み方法】
観覧希望の人は、はがき(応募要項は「スポーツ報知」11月19日付け紙面に掲載)、または電子メールで応募してください。
あわせて800人(メール応募は70組140人)を招待します。
なお、電子メール応募はペア応募のみとさせて頂きます。

※※※ 中 略 ※※※

※応募は1人1回のみとさせていただきます。(重複しての応募は無効になります。 )

締め切りは12月9日日曜日必着です。
当選は試写状の発送をもって代えさせていただきます。


詳しい応募方法は、こちら。→ 報知新聞

おぉ!!
これは応募しなくては!!
皆様も是非、応募してみてくださ~い♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

【追記あり】映画『ジプシー・キャラバン』試写会にご招待♪ 


20071120-00000709-bark-musi-view-000.jpg


祖国も権力も持たない彼らが、生きる為に与えられたものは「音楽」だった

上記が、映画『ジプシー・キャラバン』に掲げられたキャッチコピーのひとつ。インドに起源を持ち11世紀から全世界に散らばったジプシー。今なお続くロマ/ジプシーへの言われ無き差別と迫害の中で、彼らが奏でる音楽は強靱な響きを持っているという。

映画『ジプシー・キャラバン』制作にあたり、カメラは<ジプシー・キャラバン・ツアー>を追い、それぞれのミュージシャンのルーツを訪ねている。<ジプシー・キャラバン・ツアー>とは、スペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4つの国にまたがる5つのバンドが、合同で6週間を掛け北米の諸都市を廻ったという実在のツアーだ。

5つのバンドとは、タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、エスマ、アントニオ・エル・ピパ・フラメンコ・アンサンブル、ファンファーラ・チョクルリーア、マハラジャというジャンルも構成もばらばらな5つ。それぞれの場所で重ねてきた年月が、ステージの上でひとつになり、圧倒的な力で心を揺さぶっていく。音楽を通して、人間が生きて行くことの本質的な悲しみ、そして喜びが映し出された感動のドキュメンタリーとなった。

映画『ジプシー・キャラバン』予告編
" http://www.barks.jp/watch/?id=1000020320


<映画『ジプシー・キャラバン』一般試写会に10組20名をご招待>
日時:2007年12月12日(水)
開場18:00/開映18:30(終映20:30予定)
ご招待:10組20名様
会場:科学技術館サイエンスホール(東京都千代田区北の丸公園2-1)
応募は www.barks.jp/present


※※※ 中 略 ※※※


2007年12月、渋谷シネ・アミューズにてロードショー
監督:ジャスミン・デラル/出演:タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、エスマ、アントニオ・エル・ピパ・フラメンコ・アンサンブル、ファンファーラ・チョクルリーア、マハラジャ/特別出演:ジョニー・デップ(アメリカ/2006/35mm/カラー/115分/1:1,85)
提供:AMGエンタテインメント
配給:アップリンク、AMGエンタテインメント


<配布中ブログパーツ>
http://www.barks.jp/news/?id=1000035709

『ジプシー・キャラバン』オフィシャルサイト
http://www.uplink.co.jp/gypsycaravan/



詳しくは、こちら。→ BARKS


映画館へ行くより、試写会の方が近いかも??
応募してみようかな。


【追記です】

meikoさんが、ジョニーのブログパーツが追加されたと情報を寄せてくれました。
meikoさん、本当にありがとうございます。m(_ _)m



カッコイイですねぇ~♪
このブログパーツは、こちらにあります。→ 『ジプシーキャラバン』公式サイト


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

セレブゴシップ・マガジン『GOSSIPS PRESS』、月刊化決定! 

519Y2PRaFuL._SS500_.jpg


今年の6月と9月に不定期で発行されてきた日本初のセレブゴシップ・マガジン『GOSSIPS PRESS(ゴシップス・プレス)』が、大好評につき11月より月刊化が決定! 
月刊スタート第1弾となる最新号が、11月17日に発売された。

※※※ 中 略 ※※※

また、ジョニー・デップやオーランド・ブルーム、ジャスティン・ティンバーレイクなどが登場する大好評の「イケメン特集」、ブリトニー・スピアーズやジェニファー・ロペスが登場する「ドロ沼事件簿」、セレブの私服を徹底調査したファッション企画など、内容盛りだくさん。
そのほかにも、ハリウッド直送のゴシップ&パパラッチ写真が満載!
 “セレブのことがもっと知りたい!”という人には、とっておきの1冊だ。

月刊化されてさらにパワーアップ(?)した同誌は、コンビニ、書店、CDショップで購入することができる。
海外セレブたちの最新ゴシップ・ニュースは『GOSSIPS PRESS』で決まり! 
海外セレブ事情が気になる人は、今すぐお店、もしくはwww.transmediainc.jp/をチェック!


詳しくは、こちら。→ BARKS


欲しい人は、こちら。↓

  GOSSIPS PRESS (ゴシップス・プレス) 2008年 01月号 [雑誌]



  定価 ¥380(税込)

  2007年11月17日発売








イケメン特集!!
見たい!!
買おうかなぁ♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「カリブの海賊」に続け!「ジャングルクルーズ」が映画化 

ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」を映画化した、ジョニー・デップ主演の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」(03)が世界的に大ヒット。
続編「デッドマンズ・チェスト」(06)と「ワールド・エンド」(07)も大成功を収めたウォルト・ディズニー・スタジオは、このほど、人気アトラクション「ジャングルクルーズ」の映画化に着手する、と米映画サイトBoxOfficeMojo.comに発言した。

※※※ 中 略 ※※※

なお、ウォルト・ディズニー・スタジオのディック・クックCEOによると、映画版の主人公はインディ・ジョーンズとジャック・スパロウを合わせたような人物になるという。
ジャングルを訪れたある家族が想像もしなかったような冒険を繰り広げるはめになるという、ディズニー映画らしくアドベンチャー感覚いっぱいにユーモラスに描かれる作品になるそうだ。
スタッフやキャストは未定だが、09年全米公開を目指して間もなくプリプロダクションに入る模様。
ちなみに、ディズニーのアトラクションは、過去に「カントリー・ベアーズ」や「ホーンテッド・マンション」も映画化されているが、これらは世界的な大ヒットには至っていない。


詳しくは、こちら。→ eiga.com


インディ・ジョーンズとジャック・スパロウを合わせたような人物って・・・
想像つかないんですけど・・・(爆)
・・・・・・・・・・・・・(言葉もない)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「パイレーツ・オブ・カリビアン」最終作 3枚組みDVDが延期 



ウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメントは、12月5日に予定していたDVD「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット」の発売を、12月14日に延期した。
価格に変更は無く、10,290円。
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」のソフトは12月5日にBlu-ray Discビデオ版(VWBS-1035/4,935円)と、2種類のDVD版「2-Disc・スペシャル・エディション」(VWDS-3473/3,990円)、「コレクターズ・セット」(S-3475/10,290円)の、合計3種類が発売される予定だった
なお、「コレクターズ・セット」以外のBD/DVDビデオ版の発売日に変更は無い

 なお、同社では延期の理由について「生産上の都合」と説明している。

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しくは、こちら。→ AV Watch


コレクターズセットは、延期なんですね・・・
私は、コレクターズの方を予約しちゃったので、14日まで待たなければいけないのね・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ「映画の仕事は50歳まで」 

Venice6_boardsizes_20071115113106.jpg


ジョニー・デップが、50歳で映画俳優を引退するつもりだと発言している。
その理由は、その頃にはルックスの衰えが目立つようになっているからだそうで「50歳になったら、僕はもう映画には出られなくなると思う」「人々はいつも、僕は年齢より若く見えると言う。でも、それがすっかり衰えたらどうなる?僕は映画界のクリフ・リチャードになってしまうだろう」と英国チャンネル4のウェブサイトで語っている。

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しくは、こちら。→ MovieWalker


ぬぅあにを言っちゃってるのですかぁ!!
ルックスなんて関係ねぇ!!(爆)
50になったって60になったって70、80になったって、ジョニーはジョニー!!
その歳にあった役ってものもあるし、ジョニーなら大丈夫!!
ジョニーのルックスが衰えるよりジョニーにスクリーンでさえ会えなくなる方が、ファンとしては悲しいよぉ!!

前に舞台をやりたいとか、主夫になりたいとかありましたよね・・・
俳優でいることは、ジョニーにとって苦痛なのかなぁ・・・?
ちょっと悲しい記事でありました・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

映画『ジプシー・キャラバン』? 

先ほど、記事を検索していたら、こんな記事が引っかかってきたのですが・・・

特別出演のところに、ジョニーの名が!!
どんな映画なんだろう?
映画の中で出演しているのかなぁ?
知っている方がいらしたら、教えてください。m(_ _)m


3世代で楽しめる安心型SNSを運営する株式会社ウフル(代表取締役:園田崇)は、同社が運営するSNS「uhuru」において、アップリンク配給映画「ジプシー・キャラバン」の12月、渋谷シネ・アミューズ他劇場での公開に先立ち、コミュニティを開設いたしました。
こちらのコミュニティには映画の感想などを自由に書き込みしていただける掲示板などを準備しております。

・映画「ジプシー・キャラバン」コミュニティ
http://uhuru.jp/community.pl?id=movie-a86df6ca38


※当コミュニティは、SNS uhuru以外の一般ユーザの閲覧も可能となっております。(書き込み等を行う場合、一部コンテンツ閲覧には会員登録が必要です)


■ 映画「ジプシー・キャラバン」公式サイト
http://www.uplink.co.jp/gypsycaravan/index.php



■ 内容
インドに起源を持ち11世紀から全世界に散らばったジプシー。
今なお続くロマ/ジプシーへの言われ無き差別と迫害の中で、彼らが奏でる音楽は強靱な響きを持っている。
カメラはスペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4つの国の5つのバンドが6週間を掛けて北米の諸都市を廻る「ジプシー・キャラバン・ツアー」を追い、それぞれのミュージシャンのルーツを訪ねる。
それぞれの場所で重ねてきた年月がステージの上でひとつになり、圧倒的な力で心を揺さぶる。
音楽を通して、人間が生きていくことの本質的な悲しみ、そして喜びが映し出された感動のドキュメンタリー。

出演は、フラメンコ界のスター「アントニオ・エル・ピパ・フラメンコ・アンサンブル」(スペイン)。
ジョニー・デップも大ファンだという、天下無敵のジプシー義賊楽団「タラフ・ドゥ・ハイドゥークス」(ルーマニア)。
バルカン・ミュージック界の歌姫「エスマ」(マケドニア)。
エミール・クストリッツア監督の『アンダーグラウンド』や『ボラット』でも注目された超絶ジプシー・ブラス・バンド「ファンファーラ・チョクルリーア」(ルーマニア)。
ジプシー発祥の地、北インド・ラジャスターン出身のボーカルグループ「マハラジャ」(インド)。


■ クレジット
監督:ジャスミン・デラル
出演:タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、エスマ、アントニオ・エル・ピパ・フラメンコ・アンサンブル、ファンファーラ・チョクルリーア、マハラジャ
特別出演ジョニー・デップ
アメリカ/2006/35mm/カラー/115分/1:1,85

■配給
アップリンク

※※※以 下 省 略 ※※※
 


詳しくは、こちら。→ Open Tech Press


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ、「スウィーニー・トッド」の血まみれ現場にウンザリ! 

sweeney-todd43.jpg


ジョニー・デップにとって、新作ミュージカル「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(08年1月19日日本公開)の撮影は相当過酷だったようだ。
英フィーメル・ファースト誌によると、どこもかしこも血だらけになったセットの光景を見たデップは、すぐさま気持ち悪くなったという。

※※※ 中 略 ※※※

 デップは「僕以外の全員がビニールのゴミ袋をかぶっていたんだよ。そこでカウントダウンが始まるわけさ。『3、2、1、アクション!』の合図の後は、ドバッと血の海だよ(笑)」と振り返る。「血はカロシロップ(トウモロコシが原料のシロップ)みたいな味がしてね。油っぽいし、ヌルヌル滑るし、危険だったんだ。血の海の中で、しっかり(カミソリを)つかんで、つま先立ちで恐る恐る歩いていたよ」



詳しくは、こちら。→ eiga.com


血がいっぱいの映画なの??
怖いのかなぁ・・・。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。
撮影も大変だったんですね・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

お台場フジテレビに行ってきました。 

土曜日は雨の中、遠方から上京してくれたジョニ友のYuuさんとディズニーランドへ行き、その帰りにお台場のフジテレビへ・・・
Yuuさん、お疲れ様でした。

tdl.jpg


ディズニーランドでは、『パイレーツ・オブ・カリビアン(旧カリブの海賊)』に4回も!!
一日中、Yuuさんとジョニーの話をしてました。(爆)

夕食をブルーバイユーで取ってから、いざお台場へ!!
もう21時近かったので、人もチラホラしか見当たらず、写真撮影はバッチリ?(笑)

odftv1.jpg


階段にもペイントがなされていて、下から見ると分かるようになっていたのですが、写真ではちょっと分かり辛いですね・・・スミマセン・・・

odftv3.jpg

odftv4.jpg

odftv5.jpg

odftv8.jpg


以上が正面から見た感じです。

odftv6.jpg

odftv7.jpg

odftv (11)

odftv.jpg


横からも、かっこよいですねぇ~♪
次は、後ろから・・・

odftv (2)


そうです。
尻切れなんです!!
ちょっとガッカリでした。(爆)
まぁ、ここで写真撮影が出来るんだとは思いますが、何だか物足りない・・・
この尻切れを何枚も撮ってきました。(爆)

odftv (5)

odftv (6)

odftv (7)


ちょっと画像が暗くて、すみません。m(_ _)m

odftv (10)

odftv (9)


夜でも、遅くまでライトアップされていて、結構目立ってはいます。
でも、夜はジャック船長の人形がいませんでした。(残念)
あと、カラーコーンでの柵は昼間は無いと思います。

odftv (1)

odftv (8)


大きなポスターも貼ってありました。
昼間に行けたら良かったのですが、夜は夜で人もあまりいないし、写真は撮りやすかったと思います。

お近くの方は、是非行ってみてください♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ、今年も本命?ピープルズ・チョイス賞投票開始! 

20070320-00000005-flix-movi-view-000.jpg


インターネットによるファン投票で決定される第34回ピープルズ・チョイス・アワードのノミネートがこのほど発表され、公式サイトでの一般投票がスタートした。
昨年はジョニー・デップが男性映画スター賞をはじめとする5部門に輝いた

 授賞式は08年1月8日に米CBSで放送され、クィーン・ラティファがホストを務める。
映画・TV部門の主なノミネートは以下の通り。

▼主な映画部門賞
お気に入り映画賞:「ボーン・アルティメイタム」「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」「トランスフォーマー」
男性映画スター賞ジョニー・デップ、デンゼル・ワシントン、ブルース・ウィリス
女性映画スター賞:ハル・ベリー、サンドラ・ブロック、リース・ウィザースプーン
男性アクションスター賞:マット・デイモン、ジョニー・デップ、ブルース・ウィリス
女性アクションスター賞:ジェシカ・アルバ、ジョディ・フォスター、キーラ・ナイトレイ
ドラマ映画賞:「ディスタービア」「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「Premonition(原題)」
アクション映画賞:「300/スリーハンドレッド」「ボーン・アルティメイタム」「トランスフォーマー」
ファミリー映画賞:「エバン・オールマイティ」「レミーのおいしいレストラン」「シュレック3」
3作目賞:「ボーン・アルティメイタム」「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」「スパイダーマン3」

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ eiga.com


今年もまたこの季節ですね♪
去年同様、今年もジョニーが沢山受賞してくれるでしょう!!
応援しましょうねぇ~。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップが新作で歌う殺人鬼に! ポスターと予告編お披露目♪ 

sweeneytodd1.jpg


2008年1月19日に、ジョニー・デップとティム・バートン監督という『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』コンビの最新作『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』が公開となる。
本作の日本版予告編とティーザーポスターが披露された。

以前から、ティム・バートン監督が「ジョニー・デップを主役にして映画化したい」と映画化権を持っていたという本作。
日本では、市村正親、大竹しのぶが出演し、宮本亜門が演出を手掛けたミュージカルとして話題になったが、市川が演じた歌って踊る理髪師を映画ではジョニー・デップが演じる。
予告編では、集中的にレッスンしたという歌声の一部も披露
今年の年末からは、スケールの大きい映画が次々と公開され、SFやアドベンチャーと、ハリウッドらしい作品が目立っているが、年始に公開される本作は、残酷だけど純粋で、観る者をスクリーンの世界へ引き込んでしまう映画となっているという。

※※※ 中 略 ※※※

ブロードウェイの巨匠スティーブン・ソンドハイムのトニー賞8部門に輝く傑作ミュージカルを原作に、ティム・バートンとジョニー・デップが、残酷で猟奇的なのにピュアな世界を描く


詳しくは、こちら。→ @ぴあ
予告編とポスターは、こちら。→ 『スウィーニー・トッド』作品情報


もう見てしまった予告編とポスターですが、何回見ても良いですねぇ~♪
これから、いろいろなサイトで紹介されていくのでしょうね。
至る所で見られるのが嬉しい♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ、娘はすっかり元気 

vb3s.jpg


ジョニー・デップが、今年2月に娘のリリー・ローズちゃんが入院したことについて、「エンターテイメント・ウィークリー」誌の11月9日号で語った。
デップは現在の状況を「すっかりよくなった。病気を引きずっていることもない。本当に安心したよ」とコメント。

※※※ 中 略 ※※※

デップはこれについて「撮影に戻れるのか自分でも分からなくて、ティムに、代役を探したほうがいいかもって話したよ。ティムやスタッフは黙って僕を待っていてくれた。事態が収まったとき、彼らのためにすぐに仕事に没頭しなくちゃ、という気持ちだった」と語った。


詳しくは、こちら。→ シネマトゥデイ


良い監督やスタッフに恵まれて、本当に良かったですね。
この映画はジョニーなしでは考えられなかったってことでしょう。
リリーちゃんも元気になって、本当に良かった。
一時は、自分の子供のように心配しました。
本当に本当に良かった!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

興奮したファン殺到でたった1日で蝋人形修復? 

ロンドンの蝋人形館、マダム・タッソーに展示されていた、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットの人形が、展示後わずか1日で修復が必要となった。

※※※ 中 略 ※※※ (なぜ修復が必要かはここをクリック

人形は現在は修復が済んで展示に戻っている。
マダム・タッソーでは、以前『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ人形を設置したときに同じことが起きた
マダム・タッソーのスポークスマンは「来場者は、人形と一緒に写真を撮るため触ったりキスしたりしますが、ここではそうやって楽しんでもらうことが一番ですから、壊されないよう注意しながらも、ファンを止めることはしません」と語っている。


詳しく&画像は、こちら。→ シネマトゥデイ


日本では触っちゃダメなところがほとんどですが、ここは触って良いんですね。
私でも触っちゃうかも・・・(爆)
ブラピのおしりは、すり減っちゃったんでしょうかぁ?(大爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『スウィーニー・トッド』日本語版トレイラー♪ 

待ってましたよぉ!!
日本語版のトレイラーです。
映画館などにお勤めの方は、先週くらいからトレイラーを観ることが出来たらしいです。
羨ましいですね。

では、ど~ぞ!!




記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

(サントラ) スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師の国内版!!予約可 

国内版サントラ『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理容師』

日本国内版のサントラが予約可能となりましたので、ご紹介します。

  ☆ 発売日:2008/1/16 
  ☆ 定価 2,680円 (税込)
  ☆ 1枚
  ☆ 販売元: ワーナーミュージック


とりあえず、送料込みで定価で予約受付しているところのリンクを貼っておきます。
       ↓
   画像をクリック



※このジャケットは海外版です。
 国内版とは異なると思います。


まだこれから安いところも出てきますよね。
また出てきたら、ご紹介します♪

しかし、海外版は2枚組なのに、日本では1枚なの?
どっちが買いかしら??


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

DVD「パイレーツ・オブ・カリビアン~」イベント♪ 

<釈由美子>ウェディングドレスに網タイツで「出航」 DVD「パイレーツ・オブ・カリビアン~」イベント

女優の釈由美子さん(29)が5日、東京・お台場のフジテレビ本社内大階段で開かれたDVD「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」(ゴア・バービンスキー監督)の発売30日前「特製ブラック・パール号」出航式にゲストとして登場した。
釈さんは、映画の中でキーラ・ナイトレイさんが演じたエリザベスをイメージしたミニスカートのウェディングドレスをまとい、くもの巣柄の白い網タイツに白ブーツ姿。
「勇敢さと女性らしさをデザインしていただきました。気分が高まりますね」と楽しんでいる様子だった。

※※※ 中 略 ※※※

釈さんは、大階段に置かれた全長96メートルの「ブラック・パール号」を覆っていた幕を剣で振り落とし、「(映画の中で)船が座礁して陸に上がった場面のようですね」と大きさに感心しきり。
DVDは「お風呂の中でも見られるプレーヤーで映画を見ながら、おけを頭にかぶって息を止めるまねをしたりしました」と海賊になりきって楽しんだという。
登場人物の中で好きなタイプは前作から「ウィル」と話していたが、「ますます好きになっちゃいました。さらに男らしさが増して誠実でたくましくて包容力があって、すてきだなと思いました」。
いま恋人はいないそうだが「焦らず、のんびり、じっくりと探したい」と当分は“海図”を持たずマイペースで楽しむと明かした。

 DVDは、特典ディスクが1枚付いた2枚組のスペシャル・エディション(3990円)と同じく2枚組ブルーレイ・ディスク(4935円)、特典ディスクを1枚追加した3枚組でブラックパールのチャームなどの付録を付けたコレクターズ・セット(1万290円)を12月5日に発売する。


写真&詳しくは、こちら。→ 毎日新聞


今回は釈由美子さんですかぁ~!!
行きたいなぁ~♪
keiさんからも同様の情報を頂きました。
ありがとうございます。m(_ _)m

keiさんのブログはこちら。→ ジョニー・デップ ニュース/JD NEWS







記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

点字タトゥー? 


画像はリンク先で見てください!!

なんとなく、BCG予防接種を思い出しません?

こちら、ドイツの美大生が考案した目の不自由な人用の点字タトゥーです。
どうやって、プチプチさせているかというと、外科用スチール、チタン、または、医療プラスチックボールを皮膚の下に埋め込んで点字を浮き上がらせているんです。

※※※ 中 略 ※※※

この点字タトゥーのコンセプトは、愛に盲目になった人にもお役立ちかもしれません!? 
点字タトゥーなら、ジョニーデップみたいに「ウィノナ・フォーエバー」を破局後「ワィノ・フォーエバー(アル中よ永遠に)」に修正する必要もなくなりますし…ね。


詳しくは、こちら。→ Gizmodo Japan


なんかこの書き方・・・
嫌なんですけど~~~!!!
なぜ、点字タトゥーなら修正する必要がないのですかぁ?
普通の人は読めないから?
見えにくいから?
なんだか、目の不自由な方にも失礼な書き方のような気がしますけど・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。