スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー賞、不評の理由に「追悼無視」!? 

24日(日)に華やかに行われたアカデミー賞の授賞式の視聴率が振るわなかったことが報じられている。
2度目の司会となるジョン・スチュワートの登板による新鮮味の足りなさ、脚本家によるスト、地味なラインナップ、外国人俳優ばかりがノミネートされたこと……などがその理由ではないかとされている。
その一方で、実際に授賞式を観た視聴者からは、25歳の若さで急死した俳優ブラッド・レンフロの追悼をしなかったことが反感を買っているようだ。

 毎年恒例のアカデミー賞授賞式では、その年に亡くなった有名俳優や業界の著名功労者に対して追悼の意を込めて故人の写真を音楽と共に紹介する時間が設けられている。
ヒース・レジャーの若々しいく悲しげな写真で締めくくった追悼コーナーは、なんと今年衝撃の若さで無くなってしまった若き才能ある俳優、ブラッド・レンフロを無視してしまったのだ。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ オリコン


そうですね。
ヒースが亡くなる前に、ブラッド・レンフロも亡くなっていたんですよね。
子役時代には本当に美形で輝いている子だと思いました。
最近は見かけなかったのですが、こんなことになっているなんて・・・
ヒースの追悼はあってもレンフロの追悼が無かったのには、死因にもよるのでしょうかぁ・・・?
レンフロのご冥福を心よりお祈りしています。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

スポンサーサイト

ホラー映画のアカデミー賞!サターン賞ノミネート作品発表! 

ごく一部のマニアの間ではホラー映画のアカデミー賞とも呼ばれるSFファンタジー&ホラー・アカデミー主催のサターン賞のノミネート作品が発表された。
1972年発足以来、今年で34回目を迎え、過去にスティーヴン・スピルバーグ監督も映画『未知との遭遇』で受賞歴があるという立派な賞だ。
ホラー作品賞はもちろんのこと、SFジャンルやアクション、ファンタジーと多岐に渡る部門の中でそれぞれに賞が与えられる。

※※※ 中 略 ※※※

独特なセンスと作品選びに定評があるだけに本家アカデミー賞よりも面白いという声もあったり、なかったり……。
ちなみに記念すべき第1回サターン賞・ホラー作品賞はワイルドな黒人ドラキュラが大暴れする『吸血鬼ブラキュラ』が受賞している。
受賞結果は6月24日(現地時間)に発表される。

主なノミネーションは以下のとおり
 ※当方でジョニーに関連する作品&人物のみ抜粋


ファンタジー作品賞
 『魔法にかけられて』
 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
 『スパイダーマン3』
 『スターダスト』

ホラー作品賞
 『30・デイズ・オブ・ナイト』(原題)
 『1408』(原題)
 『ゴーストライダー』
 『グラインドハウス』
 『ミスト』
 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』


主演男優賞
 ジェラルド・バトラー 『300<スリーハンドレッド>』
 ジョン・キューザック 『1408』(原題)
 ダニエル・デイ=ルイス 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
 ジョニー・デップ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 ヴィゴ・モーテンセン 『イースタンプロミス』
 ウィル・スミス 『アイ・アム・レジェンド』

主演女優賞
 エイミー・アダムス 『魔法にかけられて』 
 アシュレイ・ジャッド 『バグ』(原題)
 ヘレナ・ボナム=カーター 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 ナオミ・ワッツ 『イースタンプロミス』
 ベレン・ルエダ 『エル・オルファナート』(原題)
 カリス・ファン・ハウンテン 『ブラックブック』

助演男優賞
 ハビエル・バルデム 『ノーカントリー』  
 ベン・フォスター 『3:10 トゥー・ユマ』(原題)
 ジェームズ・フランコ 『スパイダーマン3』
 ジャスティン・ロング 『ダイ・ハード4.0』
 アラン・リックマン 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 デヴィッド・ウェンハム 『300<スリーハンドレッド>』


監督賞
 ティム・バートン 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 フランク・ダラボン 『ミスト』
 ポール・グリーングラス 『ボーン・アルティメイタム』
 サム・ライミ 『スパイダーマン3』
 ザック・スナイダー 『300<スリーハンドレッド>』
 デヴィッド・イェーツ 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

脚本賞
 『ベオウルフ/呪われし勇者』
 『レミーのおいしいレストラン』
 『ノーカントリー』
 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
 『300<スリーハンドレッド>』
 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』


衣装デザイン賞
 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
 『スターダスト』
 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
 『300<スリーハンドレッド>』

メイクアップ賞
 『グラインドハウス』
 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
 『30・デイズ・オブ・ナイト』(原題)
 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 『300<スリーハンドレッド>』

特殊効果賞
 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
 『トランスフォーマー』
 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
 『スパイダーマン3』
 『300<スリーハンドレッド>』



以下、省略した賞

・SF作品賞
・アクション/アドベンチャー/サスペンス作品賞
・助演女優賞
・若手俳優賞
・音楽賞
・外国語作品賞
・アニメーション賞
 

詳しくは、こちら。→ シネマトゥデイ


サターン賞のノミネートが発表されましたぁ~♪
『スウィーニー・トッド』が沢山ノミネートされてて嬉しい♪
そして、もちろんジョニーの名前も!!
アランも入ってるし、ヘレナも入ってるし、パイレーツも入ってるし!!
結果は、まだまだ先ですが、楽しみですねぇ~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

第80回アカデミー賞関連の記事リンク 

昨日、今日とアカデミー賞関連のニュースばかりなので、ここで一気にリンクを貼っておきます。(手抜きともいう?爆)

動画や画像などは、他のサイトさんなどで拝見できるので・・・


 ★ アカデミー賞『ノーカントリー』4冠 デップはまたも受賞逃す(オリコン)
 ★ 【アカデミー賞全部門決定!】コレを見れば、全結果が分かる!!(nikkei TRENDYnet)
 ★ <アカデミー賞>ジョニー・デップ、3度目の正直ならず 主演男優賞逃す(毎日新聞)
 ★ ジョニー・デップが投げキッス! 美術賞は『スウィーニー・トッド』に!(シネマトゥデイ)
 ★ 第80回アカデミー賞発表!「ノーカントリー」が最多4部門受賞(eiga.com)
 ★ 作品賞以外にも注目作多し。全受賞結果から見るオスカー総括(@ぴあ)
 ★ アカデミー賞受賞数ランキング!1位『ノーカントリー』、2位『ボーン・アルティメイタム』(シネマトゥデイ)
 ★ 第80回アカデミー賞全受賞結果を発表!(シネマトゥデイ)
 ★ 『ノーカントリー』主要4冠! アカデミー賞受賞式(VARIETY)
 ★ 浅野、嬉し悔し夢舞台!米アカデミー賞「ノーカントリー」4冠(サンケイスポーツ)


他にも沢山ありますが、この辺で・・・(爆)
昨日の仕事が溜まっているので、また仕事に戻ります。(大爆)


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

第80回アカデミー賞『主演男優賞』ジョニー残念・・・ 

cakv137.jpg


『主演男優賞』は、ダニエル・デイ=ルイスとなりましたぁ・・・
残念ですが、また次があるってことで・・・
お楽しみは、とっておいた方が良いもんねぇ~♪(ちょっとヤケ?爆)

でも動くジョニーを見られただけでも嬉しいよぉ!!
帰ったら、ゆっくり観よう♪


と言うことで、朝から仕事をひとつもしていないので、これから頑張ります。(それで良いのか?)
社長~、すみませ~ん!!(汗)


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

【速報】第80回アカデミー賞の発表♪ 

いちいち書くのは大変なので、ノミネーションから受賞した作品(人物)に印を付けていきますね。



●作品賞
『つぐない』
『JUNO/ジュノ』
『フィクサー』
★ 『ノーカントリー』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


●監督賞
ジュリアン・シュナーベル監督『潜水服は蝶の夢を見る』
ジェイソン・ライトマン監督『JUNO/ジュノ』
トニー・ギルロイ監督『フィクサー』
★ ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督『ノーカントリー』
ポール・トーマス・アンダーソン監督『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


●主演男優賞
ジョージ・クルーニー『フィクサー』
★ ダニエル・デイ=ルイス『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
ジョニー・デップ『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
トミー・リー・ジョーンズ『告発のとき』
ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミセズ』(原題)


●助演男優賞
ケイシー・アフレック『ジェシー・ジェームズの暗殺』
★ ハビエル・バルデム『ノーカントリー』
フィリップ・シーモア・ホフマン『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
ハル・ホルブルック『イントゥ・ザ・ワイルド』(原題)
トム・ウィルキンソン『フィクサー』


●主演女優賞
ケイト・ブランシェット『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
ジュリー・クリスティ『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』
★ マリオン・コティヤール『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
ローラ・リニー『ザ・サヴェッジズ』(原題)
エレン・ペイジ『JUNO/ジュノ』


●助演女優賞
ケイト・ブランシェット『アイム・ノット・ゼア』
ルビー・ディー『アメリカン・ギャングスター』
シアーシャ・ローナン『つぐない』
エイミー・ライアン『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(原題)
★ ティルダ・スウィントン『フィクサー』


●撮影賞
『ジェシー・ジェームズの暗殺』
『つぐない』
『潜水服は蝶の夢を見る』
『ノーカントリー』
★ 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


●美術賞
『アメリカン・ギャングスター』
『つぐない』
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
★ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


●衣装デザイン賞
『アクロス・ザ・ユニバース』(原題)
『つぐない』
★ 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』


●メイクアップ賞
★ 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
『マッド・ファット・ワイフ』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』


●作曲賞
★ 『つぐない』
『君のためなら千回でも』
『フィクサー』
『レミーのおいしいレストラン』
『3:10 To Yuma』


●歌曲賞
★ 「フォーリング・スローリー」(Falling Slowly)『ONCE ダブリンの街角で』
「ハッピー・ウォーキング・ソング」(Happy Working Song)『魔法にかけられて』
『オーガスト・ラッシュ』(原題)
「ソー・クローズ」(So Close)『魔法にかけられて』
「ザッツ・ハウ・ユー・ノウ」(That's How You Know)『魔法にかけられて』


●音響賞
★ 『ボーン・アルティメイタム』
『ノーカントリー』
『レミーのおいしいレストラン』
『3:10 To Yuma』
『トランスフォーマー』


●音響編集賞
★ 『ボーン・アルティメイタム』
『ノーカントリー』
『レミーのおいしいレストラン』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
『トランスフォーマー』


●視覚効果賞
★ 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
『トランスフォーマー』


●脚色賞
『つぐない』
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』
『潜水服は蝶の夢を見る』
★ 『ノーカントリー』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


●脚本賞
★ 『JUNO/ジュノ』
『ラース・アンド・ザ・リアル・ガール』(原題)
『フィクサー』
『レミーのおいしいレストラン』
『ザ・サヴェッジズ』(原題)


●編集賞
★ 『ボーン・アルティメイタム』
『潜水服は蝶の夢を見る』
『イントゥ・ザ・ワイルド』(原題)
『ノーカントリー』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


●ドキュメンタリー長編賞
『ノー・エンド・イン・サイト』(原題)
『オペレーション・ホームカミング:ライティング・ザ・ワータイム・エクスペリエンス』(原題)
『シッコ』
★ 『タクシー・トゥー・ザ・ダーク・サイド』(原題)
『ワー/ダンス』(原題)


●ドキュメンタリー短編賞
★ 『フリーヘルド』(原題)
『ザ・クラウン』(原題)
『サリム・ババ』(原題)
『サリーズ・マザー』(原題)


●短編実写賞
『アット・ナイト』(原題)
『ザ・サブスティチュート』(英題)
★ 『ザ・モーツァルト・オブ・ピックポケッツ』(英題)
『タンギ・アルジェンティーニ』(原題)
『ザ・トント・ウーマン』(原題)


●外国語映画賞
『ボーフォート ‐レバノンからの撤退‐』イスラエル
★ 『ヒトラーの贋作』ドイツ・オーストリア
『カチン』(原題)ポーランド
『モンゴル』カザフスタン
『12』(原題)ロシア


●長編アニメーション映画賞
『ペルセポリス』
★ 『レミーのおいしいレストラン』
『サーフズ・アップ』


●短編アニメ賞
『アイ・メット・ザ・ワルス』(原題)
『マダム トゥティ=プティ』(原題)
『イーブン・ピゲオン・ゴー・トゥー・ヘブン』(英題)
『マイ・ラヴ』(英題)
★ 『ピーター・アンド・ザ・ウルフ』(原題)


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

第80回アカデミー賞『スウィーニー・トッド』美術賞受賞 

080225_1112~01


もう一度、言わせてください。(爆)

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

が美術賞を獲得しましたぁ~~~!!!



おめでとう~~~♪♪♪


画像は、『美術賞』を受賞した時のジョニーだそうです。
オリーブリーさんから頂きました。
ありがとうございます。m(_ _)m

ジョニーは『わぉ~お!!』と言っていたそうです。
授賞式に来ているんですね!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

【速報】【追記あり】第80回アカデミー賞発表 

残念ながら、『衣裳デザイン賞』『視覚効果賞』とも獲得出来ませんでした。
残念・・・


結果は、下記に・・・

『衣裳デザイン賞』
 ・ つぐない
 ・ スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
 ・ エディット・ピアフ 愛の賛歌
 ★ エリザベス:ゴールデン・エイジ
 ・ Across the Universe

『視覚効果賞』
 ★ ライラの冒険 黄金の羅針盤
 ・ パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
 ・ トランスフォーマー


その他の発表

『長編アニメーション映画賞』
 ★ レミーのおいしいレストラン
 ・ ペルセポリス
 ・ サーフズ・アップ


『名誉賞』
 ★ ロバート・ボイル(美術監督)



【追記です】

続いて~~~!!
『スウィーニー・トッド』が『美術賞』に受賞しましたぁ♪

おめでとう~~~!!!


『美術賞』
 ・ ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
 ・ つぐない
 ★ スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
 ・ アメリカン・ギャングスター
 ・ ライラの冒険 黄金の羅針盤


残念ながら、『メイクアップ賞』も受賞ならず・・・
難しいのねぇ。


『メイクアップ賞』
 ★ エディット・ピアフ 愛の賛歌
 ・ パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
 ・ マッド・ファット・ワイフ



記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

第80回アカデミー賞もうすぐ発表です♪ 

本日、いよいよアカデミー賞の発表があります。
楽しみにしていた日だけあって、ウキウキしますね。
私は仕事なので、生放送では観られないのですが発表が有り次第、随時更新していきたいと思います。

ジョニーにオスカー取って欲しい・・・
スピーチ聞きたいよぉ!!


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

第10回衣装デザイナー組合賞 

070919_gossip_20080222122215.jpg


【2月21日 MODE PRESS】
第10回衣装デザイナー組合賞授賞式が19日、米カリフォルニア・ビバリーヒルズで開かれた。
同賞は年間を通して最も注目を浴びた衣装デザイナーやスタイリストに贈られ、アカデミー賞衣装部門の前哨戦として毎年注目を浴びている。
今年度の受賞者は以下の通り。

ファンタジー映画部門:『ライラの冒険 黄金の羅針盤(The Golden Compass)』ルース・マイヤーズ(Ruth Myers)

時代映画部門『スウィーニー・トッド:フリート街の悪魔の理髪師(Sweeney Todd)』コリーン・アトウッド(Colleen Atwood)

コンテンポラリー映画部門:『俺たちフィギュアスケーター(Blades of Glory)』ジェリー・ウェイス(Julie Weiss)

※※※ 以 下 省 略 ※※※



その他の受賞は、こちら。→ AFPBB News


こちらも、おめでとう~~~♪
時代的に、ピッチリした感じの衣装でしたが、みんな似合ってましたよねぇ~。
素敵な嬉しい賞ですね。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

米アカデミー賞、映画ファンが選ぶとしたら? 

osc01.jpg


今月24日に米アカデミー賞が発表されるが、もし映画ファンが受賞作を選ぶとしたら作品賞はコメディー「JUNO/ジュノ」になるという結果が、E-Pollマーケット・リサーチがロイター向けに実施した調査で明らかになった。

※※※ 中 略 ※※※

主演女優賞は「JUNO/ジュノ」で妊娠するティーンエイジャーを演じたエレン・ペイジ、主演男優賞は「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のジョニー・デップとなった

 また、回答者の72%が、アカデミー賞の最優秀作品の選出には批評家やハリウッド関係者の影響が及んでいると考えていることも分かった。



詳しくは、こちら。→ ロイター


映画ファンが選ぶとしたらジョニーっていうのは、ジョニーが一番嬉しいことかもしれませんね。
取って欲しいですね!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップが結婚しないもうひとつの理由?? 



フランス人女優で歌手のヴァネッサ・パラディとの間に、8歳の娘と5歳の息子がいるジョニー・デップ
ヴァネッサと2人の子どもをこよなく愛する家族思いな俳優として知られる彼だが、ヴァネッサとデップは、いまだ結婚をしていない。
それはなぜか? 
過去にデップ本人が明かした理由は「美しいヴァネッサ姓を変えさせたくない」というものだったが、結婚しない理由はどうやらほかにもあるようだ

いまでこそ家族思いな俳優として知られる彼だが、若かりし頃はドラッグにおぼれたり、暴力行為で逮捕されるなどの“お騒がせ事件”をたびたび起こしたり、スターと呼ばれることを嫌ったこだわりの作品選びなどから、私生活にしろ作品選びにしろ、とんでもなくアウトローな俳優として知られた時期もあった。
また、女性関係もなかなか派手で、過去に離婚歴もあるほか、ヴァネッサと出会うまでに少なくとも4人の美しい女性たちと婚約し、いずれも婚約破棄に終わっている。

そんな彼だったが、ヴァネッサと出会い長女をもうけたことで、生活は公私共に激変。
彼を家族思いの良き父親へと変えたヴァネッサは、デップにとって相当大きい存在であるはずなのだが…。

2月18日に発売された日本初のセレブ・ゴシップ誌『GOSSIPS PRESS (ゴシップス・プレス)』には、“ヴァネッサ姓を変えさせたくない”という理由以外の“ジョニー・デップが結婚しない理由”が掲載されている。
ファンならずとも気になるその理由とは一体何か?
それはデップ自身が経験したつらい離婚と両親の離婚によって負った心の傷が関係しているようだが…
気になる人は、同誌をチェックしよう。

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しくは、こちら。→ BARKS


欲しい方は、こちら。→ GOSSIPS PRESS (ゴシップス・プレス) 2008年 04月号 [雑誌]
      ↓



まぁ、どうでも良いですけど、気になる方は購入してみては?(爆)
結婚していようが、していなかろうが、ジョニーはジョニーだし・・・
しかもゴシップ記事だし、本当のことかどうかも分からないですよね。(大爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「ボーン・アルティメイタム」「スウィーニー・トッド」がベスト編集映画に 

005l_20080219163259.jpg


「ボーン・アルティメイタム」(ポール・グリーングラス監督)と「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(ティム・バートン監督)が、07年の最も編集の優れた映画に選ばれた。

 2月17日、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行われた第58回米編集者組合賞(エディー賞)の授賞式で発表されたもので、ドラマ映画部門では「ボーン」のクリストファー・ラウズ、ミュージカル・コメディ部門では「スウィーニー」のクリス・レベンゾンがそれぞれエディー賞を受賞した。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ eiga.com


おめでとう~~~♪
もうすぐアカデミー賞だし、この調子で賞をいっぱい取って欲しいですね♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ヒース・レジャーの代役の契約は済んでいるの? 

まだ噂の段階だと思いますが・・・
一部だけ引用させて頂きます。

テリー・ギリアム監督の“The Imaginarium of Dr. Parnassus”に光が見えた。
主演のヒース・レジャーが急死し、先行きの見えていなかったこの作品は、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、そしてコリン・ファレルという大物3俳優に救われることになった。
3人はすでに、レジャーが演じていたトニー役への出演契約を結んでいるという。

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しくは、こちら。→ VARIETY


【その他関連記事】

 ★ ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがヒース・レジャーの遺作に出演(シネマトゥデイ)
 ★ ヒース・レジャー最後の出演作、ジョニー、ジュード、コリンが主演を引き継ぐかも?(cinemacafe.net)


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

J・デップ、J・ロウ、C・ファレルがヒース・レジャー遺作の代役か? 

こちらの記事は決定するまで、リンクのみでご紹介します。
ご了承ください。


J・デップ、J・ロウ、C・ファレルがヒース・レジャー遺作の代役か?(eiga.com)


ヒースの代役ということですが、3人の共演・・・
ジュードさんもコリンさんも大好きな俳優さんなので、違う形での共演を楽しみにしたかった・・・っていうのが、正直な感想です。(まだ決まってないですけど)


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

アカデミー賞ノミネート俳優たちを支える、だれにも気づかれない存在のコーチ 

004l.jpg


アカデミー賞の陰に英語発音コーチの存在あり--。

 難しい役柄をこなした俳優ほど、アカデミー賞にノミネートされることが多い。
今年の俳優部門のノミネートを見ても、『ノーカントリー』のハビエル・バルデムから、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』ジョニー・デップ、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』のマリオン・コティヤールに至るまで、本来の自分とかけ離れた人物の役をうまくこなした役者の名前がずらりと並んでいる。

しかし、彼らの名演技が、ダイアレクト・コーチと呼ばれる優れた発音の指導者に支えられていることは意外と知られていない。

※※※ 中 略 ※※※

また、『つぐない』と『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の出演者たちは、有名コーチのニール・スワインの指導を受けている。

 しかし、俳優にキャラクターに合った発声法を教授するという職業柄、ダイアレクト・コーチの存在が世の中に知られていないのは、当然の結果ともいえる。
『ノーカントリー』を担当したサミュエルソンは言う。
「この商売では、いい仕事をしたら、だれにも気づかれないものなんですよ」


詳しくは、こちら。→ VARIETY


へぇ~。
そんな職業があるんですね・・・
でも私には英語もロクに分からないので、なまりまでは分かりません・・・(涙)
やっぱり言葉は大事だから、とことんこだわりたいんですね。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

「EZweb」公式サイト『ベストヒット★シネマフル』サービス開始! 

だそうです。(爆)
auの人には、ちょっと素敵な情報かなぁ~と。(私だけ?)


~ 最新の映画から懐かしの映画まで、映画音楽を着うたフル(R)で楽しめる ~

■概要
株式会社セプテーニ・ホールディングス(本社:東京都新宿区 代表者: 野村 宗芳 証券コード:4293)の連結子会社であるアクセルマーク株式会社(本社:東京都新宿区 代表者:小林 靖弘 以下アクセルマーク)は、人気の映画主題歌や、サウンドトラックを着うたフル(R)で配信する『ベストヒット★シネマフル』のサービスを「EZweb」の公式サイトとして2008年2月14日(木)より開始いたします。

■サービス内容
『ベストヒット★シネマフル』は、アクセルマークが運営する携帯電話向け総合サイト『ベストヒットJ-POPフル』・『ベストヒット動画』を中心とした“ベストヒットシリーズ”の一つで、映画音楽を専門に取り揃えた着うたフル(R)サイトです。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「チャーリーズ・エンジェル」などの人気映画の音楽から往年の名映画の音楽まで幅広い楽曲構成となっており、約500曲が揃っています。
また、「ER」や「セックス&ザ・シティー」などの人気海外ドラマのテーマ曲なども扱っているので映画ファンだけでなく、より多くのユーザのニーズに応えるサイトになっています。
サービス開始時にはオープン記念としてポイント増量キャンペーンを行う予定です。
今後は最新の海外映画の楽曲を日本公開前に先行配信するなど、人気の映画音楽をスピーディにユーザにお届けしてまいります。


■『ベストヒット★シネマフル』サービス概要
 <アクセス方法>
  トップメニュー>カテゴリ検索>着うたフル・ビデオクリップ>TV・映画
 <料 金>
  月 額 315円/525円(各コースとも税込)
  個別課金 105円~420円の追加ポイント購入制
 <対応機種>  
  着うたフル(R)対応機種


※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ ZDNet Japan


まだ登録はしていないですが、このサイトではちゃんとした曲をUPしてくれるのでしょうかぁ?
欲しい曲があっても、オルゴール調だったり・・・(涙)
その映画の公式サイトに登録しないと、ちゃんとした曲を配信してくれるところって少ないですよね。
ちょっと期待して見てみようと思います。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

映画は割引料金で見るべし 

ジョニーとは、あまり関係ない記事ですが・・・(笑)←笑ってごまかす。


映画、演劇、テーマパーク、スポーツ観戦、カラオケ、健康ランド……。
エンタ系のお楽しみは、平日利用で得になるのだろうか? 
調べてみると、演劇、寄席、遊園地は、一部を除いて“平日料金”を用意していない場合がほとんど。
逆に、平日を含むさまざまな割引料金を用意しているのが映画館だ。

 例えば、水曜日の「レディースデー」はすっかり定着した感があるが、最近は火曜・木曜などの「メンズデー」や、22日の“夫婦の日”をはじめとする特定日・曜日に“カップル割引”を用意している映画館が増えてきている。
平日・休日とは関係ないが、毎月1日には1000円均一の「映画ファンサービスデー」もある。
平日の特定時間に割引を実施している映画館、“モーニングショー”や“レイトショー”の割引が、平日限定の映画館もある。

 特に最近流行りの“シネコン系”は、割引料金をきめ細かに用意している場合が少なくない。
そこで、各シネコンの割引サービスをチェックしてみた。
ただし、シネコン全体で同じ割引サービスを適用していない場合も多いので、利用する場合は個々の劇場での確認が必要。
劇場単独でユニークな割引サービスを行っている場合もある。


【T・ジョイ】

※※※ 中 略 ※※※

東映グループを中心としたシネコン。東映撮影所の隣にオープンした『Tジョイ大泉』や『新宿バルト9』など、全国に12館をオープン。デジタル技術“DLP”の設備を完備するなど、最新鋭の映写環境がウリ。

●レディースデー 水曜 1000円 ※一部を除く
●メンズデー 1000円 ※東広島(月)、パークプレイス大分(金)など一部で実施
●レイトショー 1200円(パークプレイス大分、広島バルト11などでレイトショー後の「ナイトショー」を金曜に実施)
●モーニングショー 東広島で金曜初回が1000円


<ほかにも>

 平日利用のオススメ割引「シネマチネ」を『新宿バルト9』など一部の劇場で実施。
平日15時30分~18時の間に開始される特定作品を、通常一般1800円→1200円で観られる。
対応作品は、ウェブなどの上映スケジュール表で確認しよう。
1月25日現在、『シルク』や『スウィーニー・トッド』などが対応作品となっている。



詳しくは、こちら。→ 日経トレンディネット


ジョニーの記事ではなかったのですが、T-joy大泉ってウチの近くなんです。(爆)
もっぱら、映画は、T-joy大泉で・・・
でも、最近メンバーズカードが廃止になったので、しょっちゅう行っていた映画館だけに、かなり痛い!!
ちょっと離れてるけど、もうひとつの映画館なら、約8回観れば1回タダになるし、そっちにしようか検討中。

メンズディーがあるのは知らなかった・・・(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

キッズ・チョイス・アワードが今年のノミネーションを発表 

10014299691.jpg


キッズ向けチャンネルのニコロデオンが主催する2008年キッズ・チョイス・アワードのノミネーションが発表され、「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」のマイリー・サイラスが最も好きな女性シンガー、最も好きなテレビ女優、最も好きなテレビ番組の3部門でノミネートされた。
テレビ女優部門には、16歳で妊娠し注目を集めているブリトニーの妹ジェイミー・リン・スピアーズもノミネートされている。
主なノミネーションは以下のとおり。

お気に入りの映画
『アルヴィン&ザ・チップモンクス』(原題)
『Are We Done Yet?』(原題)
『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』
『トランスフォーマー』

お気に入りの映画男優
ジョニー・デップ 
エディ・マーフィ 
ザ・ロック
ほか

※※※ 以 下 省 略 ※※※



その他のノミネーションは、こちら。→ シネマトゥデイ


おめでとう~~~♪
ジョニーが一番喜ぶ賞は、ファンに選んでもらう賞ですものね!!
きっと喜んでると思います♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

今日からジョニー・デップを語れるオトコになってみる? 

2_20071205johnny-and-tim10_20080201165541.jpg


知り合いの男性から、ジョニー・デップのウンチクを教えてくれと頼まれた。
「彼って、女の子との話題のネタに便利なんだよね」とのこと。
ということで、ジョニー・デップの人生をさくっと振り返ってみました。

ネイティブアメリカン・チェロキー族の血筋というルーツを持ち、家庭の事情で転居を繰り返す少年時代をすごした彼は、常に自身をアウトローのように感じていたそう。
83年に結婚した妻の知人である、ニコラス・ケイジの勧めで俳優としてデビューするものの、ジョニー・デップの出演する作品は作家性の強いアート系の作品ばかりで興行成績はいまヒトツ。
加えてドラッグにおぼれたり、暴力行為で逮捕されるなど“お騒がせ事件”もたびたび起こした彼は、その演技力に定評はあるものの、当時はアウトサイダー的な俳優という認知だったのだ。

一方、心に空虚を抱えているからこそ、ジョニー・デップは恋多きオトコでもあった。
85年の離婚後ウィノナ・ライダーやスーパーモデル、ケイト・モスなど、婚約すること計4回(結局全て破棄してますが…)!?

そんな彼が、ファンサービスにも熱心で家族思いの温厚な人柄になったのは、「出会った時から結婚したような気分になった」という、現在の恋人、ヴァネッサ・パラディの存在が大きい。
実は二人はまだ入籍していないが、「Vanessa Paradis(天国という意味)という名前は完璧だから、それを壊したくない」のだとか。

※※※ 中 略 ※※※

と、まあいろいろ語れるジョニー・デップだけど「やっぱりオトコには、女性の存在が重要だよね」なんて話で締めれば、新たな出会いが生まれる…かもよ!?



詳しくは、こちら。→ R25.jp


まだまだ語りきれてない!!ですよねぇ~。(笑)
この記事を読んだ男性が、ジョニーの上辺だけで知っタカされたら、私は引きますけど・・・
ジョニーってさ~。みたいに言われたら・・・(大爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

アカデミー賞ノミネート『潜水服は蝶の夢を見る』の73歳の脚本家が語るジョニー・デップとのかかわり 


世の3連休と同じく、ブログも3連休してしまいましたので、古い記事からおさらいします。(笑)


フランスの女性ファンション誌「エル」の元編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男ジャン=ドミニック・ボビー。
その彼の自伝小説を見事に脚色したのが、2002年『戦場のピアニスト』でロマン・ポランスキーと共にオスカーの栄冠を勝ち取ったロナルド・ハーウッド。
今作「潜水服は蝶の夢を見る」を脚色する経緯と、主人公の心情を視覚化するアイデアはどうやって生まれたのかを語ってもらった。


-フランス語で脚本を執筆されたのですか?

(ロナルド・ハーウッド)いいえ、フランス料理店で話すわたしのフランス語は完璧だけどね(笑)。
まず、英語に翻訳されたものを読み、英語で映画化されるものだと思っていたんだ。
この脚本の初稿を書いてから、何もかもが始動するまでに2年間あった。
最初にユニバーサル・ピクチャーズから許可がおりて、英語で制作してジョニー・デップ主演の予定だった。
彼らはロンドンに居た私に「ジョニーが脚本を気に入ってくれて出演することになった」と言ってくれ、その後すぐに映画『ネバーランド』のロンドン・プレミアに招待された。
この時、ジョニーがわたしの目を見つめながら手を握って「本当に素晴らしい脚本ですね。あなたと仕事ができる日が待ちどおしい」と言ってくれたが、わたしはそばにいた妻を振り返って「たぶん彼は、参加しないだろう」と言ったとおりになってしまった。
彼はすでに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の続編を連続で撮影する承諾をしていたんだ。
したがって一旦中止になり、もう決して映画化は無理だと思っていた矢先、パシェ・レン・プロダクションズがファイナンスすることになり、彼らは最初不思議なことに英語でやりたがっていたが、すぐに英語とフランス語の両方に変わり、それだと予算が向上しすぎて無理だという判断で、結局フランス語に決まったんだ。
最もこの決断には、わたしはかかわらなかったけれどね。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ シネマトゥデイ


ジョニーおすすめの映画は、こういうことだったのですね。
ジョニーが気に入った脚本だっただけに、出演出来なかったことは悔しかったでしょうね。
でも、ジョニーじゃなくても、素敵な作品だと思うので、この目で見てきたいと思います。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

永遠の名作&名演の数々を振り返ろう~アカデミー賞特集 

Yahoo!動画では、アカデミー賞にまつわる作品を厳選した「アカデミーアワード セレクション」を公開。
過去のアカデミー賞ノミネート作品などを大特集する。

※※※ 中 略 ※※※

 ジョニー・デップやショーン・ペンら豪華キャストが出演し、数々の賞を受賞した「夜になるまえに」や、フランスで国民的大ヒットを記録したラブストーリー「アメリ」、今でも世界中で愛され続ける女優オードリー・ヘプバーン主演の「シャレード」など、見どころが満載だ。
配信期間は3月13日まで。



詳しくは、こちら。→ RBB TODAY

配信は、こちら。→ Yahoo動画


【ご報告】
※ここでご報告もオカシイと思いますが、ひとつの記事とするには辛すぎますので、こちらでのご報告とさせていただきます。ご了承ください。m(_ _)m

こちらの記事は、先日亡くなったヒース・レジャー氏の詳しい死因や発見までの周りの人の行動が書かれています。
読みたくない方もいらっしゃると思いますので、リンクのみにしておきます。
本当に本当に、悲しくて悔しくて・・・
まだ言葉が見つかりません・・・
ご冥福をお祈りしています・・・
『ヒース・レジャーの死因は、偶発的な薬物過剰摂取による事故死と判明!』(eiga.com)


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

松山ケンイチ、ジョニー・デップに触発されてファンに出血大サービス! 

0723.jpg


06年に大ヒットを記録した「デスノート」シリーズの天才探偵“L”を主人公とするスピンオフ作品「L change the WorLd」のジャパンプレミアが、2月7日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて行われ、主演の松山ケンイチ、共演の工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、高嶋政伸、監督の中田秀夫らが登場した。

※※※ 中 略 ※※※

レッドカーペットが敷かれた会場に松山が姿を現すと、場内は一気にヒートアップ。
黄色い声が飛び交う中、松山は登場から20分近く、延々とレッドカーペット沿いのファンに握手やサインを振る舞い、さらにホール内に入っても、舞台に上がるまで周囲のファンにサインや握手し、プレゼントを客席に投げるといった大サービスだった。

登壇した松山は、「この間、『スウィーニー・トッド』のジャパンプレミアに招待され、ジョニー・デップがファンにサインや握手をしているのを見て、カルチャーショックを受けた。僕たちは断ってしまうことが多いけれど、負けられないと思った」と、ファンサービスの大切さを痛感したと明かし、「こんなにサインを書いたのは初めてなので、何回か間違えちゃいました(笑)」とおどけて見せ、客席を沸かせた。
さらに本作の見どころについては「Lの内面がさらにたくさん描かれています。彼が外に出ることによってどう変わったのかを見てほしい」とアピールした。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ eiga.com


【その他関連記事】

 ★ 松ケン、握手とサインで練り歩き「デップには負けられない」(VARIETY)
 ★ 松山ケンイチ「デップみたいに…」念願のレッドカーペットに興奮 映画「L」プレミア(毎日新聞)
 ★ 松ケン、デップに負ケン…「L」プレミア試写会(スポーツ報知)
 ★ 松ケン 客席握手で目指せ和製デップ(スポーツニッポン)
 ★ 松山ケンイチが「L change-」ジャパンプレミアに出席(サンケイスポーツ)
 ★ 松山ケンイチ、デップ様“お手本”にファンサービス!(オリコン)
 ★ 松山ケンイチ『L change the WorLd』プレミアでジョニー・デップを見習ったとファンに大サービス!(シネマトゥデイ)
 ★ 松山ケンイチ「ジョニー・デップに負けない!」 - 『L change the WorLd』(MYCOMジャーナル)
 ★ 2008年2月9日、L再起動。映画『L change the WorLd』ジャパン・プレミアに松山ケンイ(CINEMA TOPICS ONLINE)


『スウィーニー・トッド』のプレミアに来てましたものねぇ~♪
ジョニーを見習ってファンサービスって、すっごく素敵なことだと思います。
松ケンって良い人だなぁ~♪
ちゃんとジョニーのお勉強もしてたし・・・
って!!
松ケンは、きっとジョニーファンだよ!!(爆)


記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

アカデミー賞授賞式を映画館で生中継-六本木ヒルズで 

osc01.jpg


TOHOシネマズ六本木ヒルズ(港区六本木6)で2月25日、第80回アカデミー賞受賞式の生中継イベントが開催される。

 同イベントは、WOWOW(元赤坂1)とぴあ(千代田区)、TOHOシネマズ(本社=中央区)の3社による共同企画で、授賞式の模様を生中継で同館のスクリーンに上映する。
雑誌「ぴあ」誌上と、TOHOシネマズの会員サービス「シネマイレージ」の会員を対象に事前募集を行い、完全招待制での開催となる。
TOHOシネマズのマーケティング室担当者は「TOHOシネマズ会員やぴあ読者の方への特典として展開できればと考えた」と話す。

 米脚本家組合によるストライキに伴いゴールデン・グローブ賞の授賞式が中止となった背景もあり、開催の有無が話題のアカデミー賞授賞式だが、同担当者は「当日まではやはり心配が残るが、お客様に来ていただく以上、いいものを観てもらいたい。例年のようにキラキラした授賞式になることを祈っている」と話す。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ 六本木経済新聞


先日、ぴあで募集してましたね。
平日なので、私は行けないなぁ・・・
応募もしてないけど・・・
ストの影響がなければ良いのですが・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

07年、ジョニー・デップの一番お気に入りの映画は? 

stpr_20080205120726.jpg


現在公開中の「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされているジョニー・デップが、ロサンゼルスタイムズ紙のインタビューに答えた中で、07年のベスト映画として、アカデミー賞監督賞など4部門にノミネートされている「潜水服は蝶の夢を見る」(ジュリアン・シュナーベル監督)を挙げた。

 デップはインタビューで、「この映画は最初の30分間、主人公の姿がスクリーンに映らないという、とても挑戦的なアプローチをしている。また、動くことができない主人公の、左目だけの視点で描かれるから、画面はフレームや視点が固定されない中で、(話し相手の)女性のあごや首を映しているが、それはとても想像力に富んでいて、いまだかつてない表現方法だ。ジュリアンがとても優れた才能の持ち主だということは知っていたけど、ここまでのことが出来るとは思わなかったよ」と絶賛している。

 デップはシュナーベル監督の前作「夜になるまえに」に出演しており、「潜水服は蝶の夢を見る」でも、主人公ジャン=ドミニク・ボビーを演じる予定だったが、 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の撮影スケジュールとの兼ね合いで降板したといわれている。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ eiga.com


おぉ!!
これは観なくては!!
日本公開は、2月9日からだそうです。
ジョニーオススメの映画なので、是非観たいですね♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ティム・バートン第2子は息子のはずが娘!誤診の長女、名前が決定 

20071205johnny-and-tim10.jpg


「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」のティム・バートン監督とパートナーのヘレナ・ボナム・カーターの間に昨年12月16日に誕生した、第2子の長女の名前がやっと決定した。

 その名前はインディアナ・ローズ
インディアナは、この夏に公開になるシリーズ最新作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のおなじみの主人公の名前、ローズは、「スウィーニー・トッド」撮影中に重病で入院してスタッフをヤキモキさせた親友ジョニー・デップ愛娘リリー・ローズから取られた名前ではないかと噂されている。

※※※ 中 略 ※※※

また、12月の誕生から命名まで1カ月半もかかっているが、これはバートン監督とカーターの最初の子供ビリー・レイの時も同じ。
ボナム・カーターの発言によれば、息子の名前を決めたときも5週間かかったとのことだ。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ eiga.com


ローズって名前は、素敵ですものねぇ~♪
ジョニーの娘さんから・・・っていう噂も本当かも!!
本当に仲が良いですものね!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ、自分の容姿のよさにうんざり? 

johnny-depp-200712-01.jpg


※本文中のジョニデという表現は、当方でジョニー・デップと直して引用しています。

ジョニー・デップは、毎朝鏡を見るたびに自分がかっこいいことを嘆いて涙しているそうだ。
ジョニー・デップ同様に、ロバート・レッドフォードやブラッド・ピットなどカッコ良すぎるために容姿ばかりが取り沙汰されてしまうという悩みを持つ俳優たちは、あえて汚れ役や不様で奇妙な役柄に挑戦して自分のイメージを崩すことに苦労している様だが、ジョニー・デップは、「毎朝鏡を見ては、泣いているんだ。毎朝だよ。『なんてキュートな顔なんだ!』」と嘆いているとか。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ MovieWalker


あり得ない~~~!!!
ジョニーがそんなことを言う訳がありませ~~~ん!!
例え言ったとしても、きっとそれは冗談で言った話だと思うけど・・・(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ルー大柴が大胆発言!「ジョニー・デップと共演したい!!」 

タレントのルー大柴が31日(木)、都内で行われた2007年のベストムービーを選ぶムービープラス主催『We Love Movie/Best of Best Award 2007』の司会を務めたベストアクターに選ばれた米俳優のジョニー・デップについて、ルーは「いつか彼と共演したいね。それが今の私のドリームかな」と、奇跡のコラボレーションへの期待を込めた。

本年度は「ベスト・アクター」ジョニー・デップ、「ベスト・アクトレス」にキーラ・ナイトレイ、「ベスト・ムービー」『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』が選ばれるなど、まさに“パイレーツ”一色。
司会のルーも「獲るべく人が獲って、獲るべく作品が獲ったということでしょう。でも、ジョニーもファンデーション、つまり長い下済みがあってここまできたんだね」と、お得意の“ルー語”でデップを評した。

※※※ 以 下 省 略 ※※※


詳しくは、こちら。→ オリコンスタイル


ルー大柴との共演は・・・無理でしょうねぇ~。(笑)
でも、長い下積みがあって~というコメントは、ちょっと共感が持てました。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。