スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョニー・デップ、コンドームの宣伝で10億円? 

PE-036.jpg


米大手コンドーム・メーカー“トロージャン”がジョニー・デップをブランドの顔として起用するため、1000万ドル(約10億円)をオファーしたと報じられている。
WENNによると、セーフセックスの提唱者でもあるデップはコンドームの売り上げだけでなく、発展途上国に無料でコンドームを送る抗エイズ・キャンペーンのきっかけにもなると報じている。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ シネマトゥデイ


ジョニーは、こういう仕事なら喜んですると思います。
メーカー側としたら、ジョニーみたいな大スターに宣伝して貰えたら、いくらでも出すんでしょうね・・・
凄い!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

スポンサーサイト

キッズチョイス・アワード2008授賞式 ジョニーはお気に入り映画男優。 

orlando_kids-choice-awards2008-01.jpg


子供向けプログラムを放送するTV局、ニコロデオンの視聴者が選ぶ、キッズチョイス・アワード2008授賞式が29日、ロサンゼルスのポーリー・パヴィリオンで開催された。
世界中のニコロデオン視聴者の子供たちの投票によって、お気に入り映画(実写およびアニメ)、TV番組、スター、アニメ、音楽、スポーツなどの各分野から受賞者を選出する。

いままでベン・スティラーやジャスティン・ティンバーレイクなどが務めてきた司会者は、今年はジャック・ブラックが担当。
映画賞は『Alvin and the Chipmunks』(原題)とアニメ部門で『レミーのおいしいレストラン』が受賞、お気に入り映画男優ジョニー・デップ、女優はジェシカ・アルバ、アニメの声優賞はエディ・マーフィ(『シュレック3』)こんな風になりたい憧れのスターに贈るワナビー(Wannabe)賞はキャメロン・ディアスに輝いた。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ cinemacafe.net


今回はオーリーがスライムまみれになったみたいですねぇ~♪
ジョニーもオーリーもおめでとう~~~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

けーさんの絵、新作が完成です。しかも2枚も!! 

depp6.jpg


きゃ~~~!!

かっこいいトッドさんですよぉ!!
すっごい素敵♪
あぁ~、絵とは思えない・・・



と・・・うっとりしていたら、次は凄い!!

アダルティーなジョニーです♪ウフッ♪

dep5.jpg


ブホッ~ッ!!
ヘソの下は??(大爆)
いろいろ想像出来ちゃうジョニーですねっ!!(ちょっと・・・いや、かなり興奮気味)
こんな瞳で見つめられたい♪


妄想は、これくらいにして・・・
今回ご紹介させて頂いた絵は、またまたギャラリーの方に追加させて頂きました。
ジョニーの絵が沢山ありますので、覗いてみてください。

ギャラリーはこちら。→ Art galleryの館


なお、ジョニー以外の素敵な絵は、けーさんのHPの方に沢山あります。
外国の俳優さんや日本の俳優さんがい~ぱいいますよぉ!!
ぜひ遊びに行ってくださ~い♪

けーさんのHPはこちら。→ けーずるうむ


※こちらでご紹介した絵の著作権は、けーさんにあります。
無断でのお持ち帰りはご遠慮くださいませ。



記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップがジャック・スパロウの声で昏睡状態の少女にメッセージ 

PE-027.jpg


ファンを大切にするハリウッドスターとして有名なジョニー・デップが、約5カ月間昏睡状態にあるイギリス人の17歳の少女に対し、激励のメッセージを送る準備をしている。

 この少女は昨年、車の衝突事故で重傷を負い、イギリス・サザンプトンの病院で現在、昏睡状態のまま眠っている。
今回、少女の両親が、娘が大ファンであるデップに手紙を出したところ、デップは両親の必死の思いに心を動かされ、励ましのメッセージを録音することに同意した。
また、デップは少女の病院に見舞いに訪れることも約束したそうだ。

 少女の父親は、デップの申し出に感激し、「娘が目を覚ますきっかけになればと思い、彼(デップ)に手紙を書いたところ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウの声で録音してくれると返事がありました。
今週、娘は右足を少し動かしました。
今までにはなかったことで、私も妻も大喜びです」と語っている。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ eiga.com


本当に優しい人ですねぇ。
ジョニーが行動を起こすことで、この少女が目を覚ますと良いなと思います。
きっと目覚めてくれますよね。
両親やジョニーの願いが届くことを願っています。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ40代の若さの秘密が判明!低塩・低オイル・低カロリー 

PE-019.jpg


現在44歳でありながら、30代のような若さを誇るジョニー・デップだが、その秘密はトレーニングと健康的な食事にあるようだ。
仕事でカナダのバンクーバーに滞在することになったジョニーの部屋には、ダンベルとトレッドミル、バランス・ボールなどのトレーニング用具が準備され、冷蔵庫にはブルーベリーとストロベリー、パイナップル、キウイ、豆乳が用意された。
食事のリクエストでは、よく火の通ったチキンと、低カロリー・マヨネーズであえたツナ、固ゆでのタマゴなどがあった。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ シネマトゥデイ


食事を気をつけているのですねぇ~。
でも、トレーニングはきっと役作りのような気がする・・・
バランスボールを使っているジョニーを想像するだけで、ちょっと笑えますね。
見てみたい・・・(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップ待望の新作撮影現場で、ファンに大サービス! 

img14e81950zik4zj.jpg


ジョニー・デップの待望の新作『Public Enemies』(原題)が2週間ほど前にクランク・インし、ウィスコンシン州での撮影現場の様子が公開された。

『マイアミ・バイス』のマイケル・マン監督の新作で、1930年代に実在した銀行強盗、ジョン・デリンジャーとその仲間たちを描く作品で、ジョニーデリンジャーを演じる

事前に撮影が行われることが知れ渡っていたため、19日にダーリントンにあるラファイエット郡の裁判所でロケが行われた際は数百人もの見物人が押しかけた。

ジョニーはなんと、撮影終了時まで待っていた200人近いファン全員にサインをしたいと自ら申し出て、実行したという。
映画は今後、ミルウォーキーやシカゴ、マイアミなどでロケが予定されており、各地のジョニー・ファンがつめかけることは間違いないだろう。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ cinemacafe.net


ジョニーは休憩時間にも周囲のファンに手を振って応えていたそうです。
優しいですよねぇ~♪
何度惚れ直せば良いのやら・・・
こんなに優しい人って他にいます?
本当にヤバい!!(爆)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニー・デップが犯罪王を演じる新作のセット写真初公開! 

080324_gossip.jpg


ジョニー・デップが1930年代に米中西部を荒らした銀行強盗ジョン・デリンジャーを演じる、マイケル・マン監督の犯罪映画「Public Enemies」の米ウィスコンシン州での撮影の模様が初めてレポートされ、パパラッチされたデップの写真が公開された。

2月末のアカデミー賞授賞式時には、メガネをかけた両目のあたりまで達していた前髪をデップはバッサリ切って、こめかみを刈り上げているのが目を引く。

 同作は、禁酒法時代に“民衆の敵”と呼ばれた犯罪王デリンジャー(デップ)と、FBI捜査官メルビン・パービス(クリスチャン・ベール)の対決を、脚本家ロナン・ベネット(「ラッキー・ブレイク」)が脚色した犯罪スリラー。
製作総指揮にはロバート・デ・ニーロも名を連ねている。ユニバーサル映画全米配給で、09年公開予定。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ eiga.com


映画制作開始から、続々と写真がアップされてますね。
髪も短く、髭もない若く見えるジョニーに、毎日ドキドキしっぱなし!!
楽しみですねぇ~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

児童文学書『魔法使いの弟子』を映画化 

『魔法かけ』の監督、ハリ・ポタ監督の座を狙う

 『魔法にかけられて』のケヴィン・リマ監督が、米ワーナー・ブラザースの“Spook’s Apprentice”の監督に決定した。

 “Spook’s Apprentice”はジョゼフ・ディレイニーの児童文学書「魔法使いの弟子」を映画化する企画。
13歳の少年が気難しい年老いた幽霊から魔法を習う話を綴った、全6作からなるシリーズの第1作である。

 この作品を最初に脚色したのはマット・グリーンバーグ。
一時は、ティム・バートンとジョニー・デップが再びチームを組む作品として検討したこともある。

 ワーナー・ブラザースと製作会社のレジェンダリーが、サンダー・ロードと共同製作・出資する。
プロデュースは、サンダー・ロードのベイジル・イヴァニクとライオネル・ウィグラム、リマの製作パートナーであるクリス・チェイスが担当。
レジェンダリーに入社する前にこのプロジェクトを持ち込んだアリシア・コッターが、エグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ VARIETY


この作品では実現しなかったですが、またティムとのコラボは絶対実現すると思います。
ティムとジョニーの作品は大好きなので、楽しみに待ちたいです。

ランキングにも参加しています。
励みになります。一日一回、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

4月号&5月号の雑誌紹介♪ 


ROADSHOW (ロードショー) 2008年 05月号 [雑誌]




   価格: ¥ 860 (税込) 1500円以上国内配送料無料

   発売日: 2008/3/21

   ジョニーが表紙です!!
   ポスターも付いてました。


   詳しくは、こちら。→ ROADSHOW







SCREEN (スクリーン) 2008年 05月号 [雑誌]





   価格: ¥ 840 (税込) 1500円以上国内配送料無料

   発売日: 2008/3/21

   まだ詳細が出ていません。

   詳しくは、こちら。→ 近代映画社ホームページ







MOVIE STAR (ムービー・スター) 2008年 04月号 [雑誌]





   価格: ¥ 560 (税込) 1500円以上国内配送料無料

   発売日: 2008/3/4

   最新ニュースのところにジョニーの記事があります。

   詳しくは、こちら。→ 株式会社イン・ロック








記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

6万5千人が選んだベスト・ムービーでわかった“ジョニー・デップ”人気 

PotC3-AWE02_L.jpg


ランキング表はこちら。

学生たちにとっては、もうすぐうれしい春休み。
そんなお休みのお供にDVDでゆっくり映画を楽しむなんていかが? 
CDV-JAPAN(日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合)では、『心に残るマイベストムービー』についての映画ファン投票を実施。
65,000人もの投票で「外国映画部門」1位に輝いたのは【パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち】
3位にも、同シリーズの【ワールド・エンド】が続き、主人公ジャック・スパロウを演じた、ジョニー・デップの人気のほどがうかがえた。
なお、映画ファンを対象にした今回の6万5千人もの投票数は、20年前にNHKが視聴者を対象に行った映画アンケートに次ぐに日本映画史上2番目の規模となった。

 【パイレーツ~】シリーズは3部作に渡って公開され、どの作品も大ヒット。
また、展覧会やパイレーツ検定が行われるなど、一躍“海賊ブーム”を巻き起こし、映画ファンならずとも多くの人をうならせた作品のようだ。
2位には、ブルース・ウィリス主演の【ダイ・ハード4.0】がランクイン。こちらも第4弾を迎えた人気シリーズで、壮大なアクションシーンは人気の理由の1つと言えそうだ。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ オリコン


パイレーツ人気は凄かったですよね。
ジョニー人気というかジョニーがカモシ出すジャック・スパロウというキャラクターが皆さんに愛されたのだと思います。
おめでとう~~~♪

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

米国外でファンタジーがヒットする理由 

ハリウッドの映画スタジオはこれまで、アメリカ国外でヒットする映画を探し求めてきたが、ついに成功の鍵を見つけたようだ。
それは、ファミリー向けのファンタジー映画だ。

米国内外での興行比較のグラフ

※※※ 中 略 ※※※

 これほど国内外の成績にギャップが出るのは、極端な例かもしれない。
しかし、現在のところ第5作まで映画化されている『ハリー・ポッター』シリーズや、『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作、『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』といったファンタジー大作は、世界収益の3分の2を、アメリカ国外マーケットに依存している。

※※※ 中 略 ※※※

 ディズニーは現在『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』とその続編、さらに、『パイレーツ・オブ・カリビアン』第4弾に期待を寄せている。
アメリカ国外で2億ドル近くを稼いでいる『魔法にかけられて』についても、続編を検討しているという。

 米ワーナー・ブラザースも現在シリーズ第6弾『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の製作中であり、さらに傘下となったニューライン・シネマの『ホビットの冒険』とその続編、さらに『ライラの冒険』シリーズの続編を製作する可能性もあるという。



詳しくは、こちら。→ VARIETY


ライラは、アメリカではあまりヒットしなかったんですね。
日本では前売券とか凄く前から販売していて、宣伝費もかなりのものだと思うのですが・・・
アメリカ国外での宣伝もプレミアとかで、スターと触れあう機会が多いので、それはそれで良いところも。
パイレーツの続編、私も少し期待しています。(爆)

ランキングにも参加しています。
励みになります。一日一回、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

神田うの、ジョニー・デップのファッションに猛烈ダメだし! 

11119.jpg


14日、都内スタジオにて、映画専門チャンネル・ムービープラスの特番「アカデミー賞ファッション&レビュー2008」の収録が行われ、クリス・ペプラー、神田うの、ドン小西、襟川クロが収録に臨んだ。

※※※ 中 略 ※※※

 そのほかにも、ハリウッドの最新スポットや、ジョニー・デップと浅野忠信の相違点を取り上げるコーナーなどもあり、盛りだくさんの内容。
そんな中、神田は今をときめく天下のジョニー・デップに対し「姿勢が悪い! 挙動不審! タキシードが太すぎる!」と怒とうのダメ出しを展開。
今やデザイナーとしてパリ・コレに進出、社交界にもデビューしてセレブの仲間入りを果たした神田。
独自の結婚観についてもおしげもなく披露するなど、最後まで絶好調だった。
そんな神田を含めた4人が、ベストドレッサーに選ぶのは一体誰か? 
気になる結果は番組をチェックしてほしい。


※『ジョニデ』と書いてあるところは、『ジョニー・デップ』と直しています。


詳しくは、こちら。→ シネマトゥデイ


はぁ??
これで、世のジョニーファンを敵に回しましたね。(爆)
ジョニーファンだけじゃなく、セレブファンも敵に回したかも!!
似合っていれば、何でも良いんじゃないの?
ジョニーのファッションをとやかく言って欲しくない!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

世界最大の子どもの祭典が日本に上陸 

最強キッズTV!ニコロデオンが開催する、世界最大の子どもの祭典<ニコロデオン キッズチョイス・アワード 2008>。

全米の子どもたちの4000万票が人気ナンバーワン・スターを決定するこのイベントを日本の子どもたちにも楽しんでもらうため、今回、日本独自にシンガー、男優賞、女優賞などの人気投票を行なうことが決定した。

<ニコロデオン キッズチョイス・アワード>は、全米の子どもたちから20年間以上も愛され続けている“子供が主役”の大人気イベント。
大勢の子どもたちの熱い声に支えられ、過去、ニコール・キッドマン、ジャッキー・チェン、ブラッド・ピット、ダコタ・ファニングなどのハリウッド・スターや、グラミー賞を受賞したジャスティン・ティンバーレイク、グウェン・ステファニーなどの大人気のシンガーが同イベントに登場した。

21回目を迎える今年は、司会に“ロック”ティーチャーの痛快なコメディー学園映画『スクール・オブ・ロック』でもおなじみの俳優ジャック・ブラック。
ノミネートも、キャメロン・ディアス、エディ・マーフィ、ジョニー・デップ、ビヨンセ、キーラ・ナイトレイなど、子どもたちが大好きな豪華スターたちが勢ぞろいする。
さらに、ゲストがスライムまみれになる、恒例のお楽しみタイムも見逃せない!

日本オリジナル投票は、Webとケータイで受付中(募集期間は3月14日~4月20日)。
日本版にノミネートされたのは、コブクロや宇多田ヒカル、Perfume、大塚 愛、EXILE、新垣結衣、小島よしお、小栗旬などなど、大人気スターやアニメばかりだ。
なお投票を行なうと、抽選でWii本体と『スポンジ・ボブ』のゲームソフトをはじめとした豪華賞品が合計101名に当たるキャンペーンを行なっている。

● 日本版にノミネートされたスター一覧

日本が選んだ人気ナンバーワンの受賞者の発表は、5月5日の子どもの日に放送される『ニコロデオン キッズチョイス・アワード 2008』の直後。
ニコロデオンのトレードマークである、オレンジ色の飛行船型トロフィーを受け取るのは、いったい誰!?

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ BARKS     投票は、こちら。(音が出ます)


日本のスターもスライムまみれに??
記事の内容が良く分からないですが、授賞の発表が違うってことは、一緒にやるんではなくて、日本独自でやるのかなぁ?
アメリカほど盛り上がらなそうな気が・・・(爆)

ランキングにも参加しています。
励みになります。一日一回、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

アメリカで前代未聞の大作公開ラッシュ!! 

アメリカでは今年5月から前代未聞の公開ラッシュが始まる。
5月には、『スピード・レーサー』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』“Iron Man”と、ビッグ・バジェットのメジャー作品が4本も公開される。
そして、このようなラッシュが夏まで続く。
同じ時期に、大作の公開が重なると、観客の取り合いになってしまうのではといった懸念もあり、業界関係者たちは、この公開ラッシュの行方を固唾を呑んで見守っている。

 この5月は『スピード・レーサー』など上記の4作品以外にも、『セックス・アンド・ザ・シティ』などのメジャー公開映画が5本、そのほかにも14本のアート系などの作品があり、全部で31本もの作品が公開される。
これは、前代未聞の本数だ。

 なぜ、このようなラッシュが今年に入って起きているのか? 
これには、去年の数字が影響している。

 去年の5月に『スパイダーマン3』『シュレック3』と『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』が同時期に公開されたが、業界関係者の不安をよそにそのどれもがオープニング・ウィークエンドで1.1億ドル(約112億円) 以上の興行収入を得ることができ、アメリカ国内の興行収入は3億ドル(305億円)を超えた。
この成功を前例にとり、今年の映画会社はたくさんの映画を同じ時期にぶつけてきたのだ。

 では、なぜ5月にメジャーな映画がここまで集中するのか。
それは、アメリカでは、夏休み映画の公開が5月から始まるからである。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ VARIETY


何だか面白くなりそうですね。
映画好きにはたまらない~~~!!!(爆)
忙しくなりそう♪

ランキングにも参加しています。
励みになります。一日一回、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

ジョニーデップの“ダリ”、脚本を一般公募? 

JohnnyDeppST-61.jpg


英国ミラー紙によれば、ジョニー・デップが新作映画「Dali」でシュールレアリズムの画家サルバドール・ダリを演じるそうで、同作の脚本を一般公募するという。
「彼はどんな人とでも一緒に仕事をするつもりだ。それこそ、主婦から年金生活者までね。いい脚本さえ書ければ」と関係者は語っている。
また、英国タイムズ紙によれば、アル・パチーノとピーター・オトゥールも、「Dali and I」と「Goodbye Dali」でそれぞれダリ役を演じるらしい。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ MovieWalker


ダリの映画が3本も!!
しかも名役者が揃って・・・
ジョニーも負けてられないですねっ!!

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

撮影がストップしていたテリー・ギリアム監督映画が撮影再開 

cakv137_20080312114048.jpg


ヒース・レジャーの突然の死去で1月22日から撮影が止まっていた、テリー・ギリアム監督映画『パルナッサス博士の想像力』の撮影がバンクーバーで再開されたとギリアムとプロデューサーが正式に発表した。
うわさされていたように、ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウの3人が作品を完成させるためにレジャーの代役として参加することが明らかにされた。
また、レジャーが亡くなる前に撮影された箇所はそのまま使用され、修正するためにデジタル技術を使用することはないそうだ。
デップ、ファレル、ロウの3人が演じるのはレジャーが演じていたキャラクターの外見が変わった登場人物となる。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ シネマトゥデイ


【その他関連記事】

★ H・レジャー遺作の撮影が正式再開!J・デップ、J・ロウ、C・ファレルが代役に(eiga.com)


正式に発表されましたね。
この映画は私にとって、涙無くしては観られない映画になりそうです。
素敵な作品になって欲しいです。

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

第46回優秀外国映画輸入配給賞決定 

外国映画輸入配給協会による第46回優秀外国映画輸入配給賞の受賞者が決定した。
今回の経済産業大臣賞を受賞したのは、ギャガ・コミュニケーションズ。
ブラッド・ピット、役所広司、菊地凛子らが出演し、菊地がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた『バベル』、過去10年のドキュメンタリー映画の歴代興収記録を更新中の『アース』など、多ジャンルの作品を配給したことが評価を受けた。

※※※ 中 略 ※※※

優秀外国映画輸入配給賞は、経済産業省の後援により制定された賞で、「作品的に質が高く、なおかつ興行的に成功を収め、日本映画界の発展に寄与すると認められた外国映画を輸入配給した配給会社」が表彰される。

【第46回優秀外国映画輸入配給賞】

◆経済産業大臣賞
ギャガ・コミュニケーションズ
『バベル』『ボルベール<帰郷>』『ヘアスプレー』『アース』『シッコ』『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(松竹共同配給)

◆特別賞
ワーナー・ブラザース
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『オーシャンズ13』『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
ウォルト ディズニー
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』『レミーのおいしいレストラン』『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』
東宝東和
『ボーン・アルティメイタム』『アメリカン・ギャングスター』『エリザベス:ゴールデン・エイジ』

◆激励賞
ショウゲート
『ぜんぶ、フィデルのせい』『once ダブリンの街角で』『ノーカントリー』(パラマウント ジャパン共同配給)
ワコー
『トゥヤーの結婚』(グアパグアポ共同配給)『雲南の少女 ルオマの初恋』(グアパグアポ共同配給)『白い馬の季節』(フォーカスピクチャーズ共同配給)

文化通信速報より/This article adapts it based on Bunka Tsushin



詳しくは、こちら。→ VARIETY


こんな賞あったんですねぇ。
特別賞に、ジョニーが出演した作品が2つ入ってるのは嬉しい♪
おめでとう♪
知らない作品も結構ありますね・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

BBSに関するお知らせ。 

最近、ジョニーとは関係のない書き込みが増えてきたので、FC2BBSの新機能であるプライベートモードを適用させて頂くことにしました。
BBSは2つありますが、2つとも違うパスワードになります。
※cookieを有効にしておけば、パスワードの入力は最初の1回だけです。


★ みんなジョニーな気分♪(BBS)

      パスワードのヒント 『ジョニーの本名』。

      『 J●●● Christopher Depp Ⅱ 』   ※ ●の部分の3文字を入力してください。


★ みんなジョニーな気分♪(雑談編BBS)

      パスワードのヒント 『ジョニーのお母様の名前』。

      『 B●●●● Sue 』   ※ ●の部分の4文字を入力してください。


上手く出来ない時は、連絡ください。
なお、書き込みの際には、必ず『書き込みについてのお願い』を一読ください。

BBSは、こちら。→ みんなジョニーな気分♪

これからも、宜しくお願い致します。m(_ _)m

                                                   管理人:ジョニリン

ランキングにも参加しています。
励みになります。一日一回、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

久しぶりにジョニー出演DVD&関連本&グッズ紹介(予約可能) 

今日は久しぶりにジョニーに関連した商品のご紹介をしたいと思います。



★予約が可能な商品



ランキングにも参加しています。
励みになります。一日一回、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

続きを読む

米2007年映画興行が過去最高を記録 

米メジャースタジオ各社が会員となっている米国映画協会(MPAA)は、2007年のアメリカ映画興行が、国内・海外ともに過去最高を記録したと発表した。

 国内の興行収入は前年比5.4%増となる96億ドル。
海外では17億1000万ドルをあげ、史上最高の興行成績になった。
全公開作品のなかで、実に50%を超える作品が、米国内での興行で1億ドル以上の興収を記録。
この業界全体の健闘が、その背景にある。
1億ドル以上の興収の作品のうち、『スパイダーマン3』、『シュレック3』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』、『トランスフォーマー』の4本が3億ドルを超えたのも、初めてのこと。
これらの作品はすべて夏に公開された大作だ。

観客の劇場離れが懸念されているハリウッドで、うれしい報告となった。

一方で、スタジオはアート系作品の製作と宣伝にも、より力を入れている傾向が見られる。
07年に製作されたスタジオのアート系作品の1本あたりの製作費平均は4920万ドルで、前年比では60%増。
1作品あたりの平均宣伝費も44%増の2570万ドルだった。

 大作では、1作品にかける製作費の平均は8%増(7080万ドル)、同宣伝費平均は4%増 (3590万ドル) に留まっていることからも、アート系作品への注力ぶりがうかがえる。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



詳しくは、こちら。→ VARIETY


去年は本当に超大作ばかりでしたね。
私も映画館に沢山通いましたぁ~♪
制作費も凄いけど、宣伝費も凄いですよね・・・
日本では真似出来ないですね・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

物議を醸すマリオン・コティヤールの問題発言 

ジョニーとは直接関係ないですが、一応共演者ということで・・・


『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたフランス女優マリオン・コティヤール。
一躍脚光を浴び、ハリウッド映画のオファーが相次ぐ一方で、思わぬ形で有名税を支払わなければならなくなったようだ。

 1年前のテレビ番組インタビューでのコティヤールの発言が、今になって波紋を広げている。
コティヤールはインタビュー内で、2001年9月11日のニューヨークの世界貿易センターへのテロ攻撃に関して、こう見解を示した。

 「たくさんの嘘をつかれている気がするの。今までも、飛行機が激突したタワーはあったわ。スペインだったと思うけど、24時間燃え続けたのよ。でも、崩れることなんてなかった。今まで、あんな風に崩壊するタワーはなかったわ。あそこ(ニューヨーク)では数分で全壊したのよね」

 世界貿易センターは老朽化しており、改築する方が建て直すよりもコストがかかる状態だったとする見解を述べたコティヤール。
「73年に建てられたタワーだから、最近の技術やいろんなことを取り入れて改築するには、取り壊すよりも膨大なお金がかかったはず」

 さらにインタビューでは、69年の月面着陸が事実だったか否かの陰謀説にも触れ、「本当に月面を歩いたの? たくさんのドキュメンタリーを見てきたけど、いまだに疑問だわ。どっちにしても、彼らが言うことを全て鵜呑みにはしないことだけは確かよ」と括った。


 このインタビューの模様は、1年前にテレビ番組“Paris Premiere -- Paris Derniere”で放映されたものだが、当時は、ほとんど関心を寄せられることはなかった。しかし、コティヤールがオスカー受賞を果たし、脚光を浴びてきたことから、フランスのウェブサイト“Marianne 2”が改めて掲載した。先週土曜日に掲載されて以降、その内容は国境を越えてロンドンの日曜版新聞に掲載され、その後、瞬く間にインターネット上で広まった。

 コティヤールの弁護士ヴィンセント・トールダノ氏は、フランスの通信社AFPに「(コティヤールが)01年9月11日のテロ攻撃に対して、疑問を投げかけたり、異議を唱えるつもりは全くなく、昔のインタビューがこのような形で引用されることに遺憾の意を抱いている」とコメントした。

※※※ 中 略 ※※※

 米国ではすでに、マイケル・マン監督の“Public Enemies”ジョニー・デップやクリスチャン・ベールとの共演が決まっているほか、ロブ・マーシャル監督のミュージカル映画“Nine”に出演し、ハビエル・バルデムやペネロペ・クルス、ソフィア・ローレンなどの欧州俳優陣との共演も決定しているコティヤール。
今回の騒動が、ハリウッド映画界におけるコティヤールの未来に、どのような影響をおよぼすかはまだわからない。



詳しくは、こちら。→ VARIETY


もう一年も前の発言を今頃・・・って・・・
有名になると辛いですよね。
ジョニーもそんなことがありましたよねぇ~。(遠い目)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

最新の“ヒゲMEN”ナンバー1は誰だ! 

Park-Avenue-cover.jpg


ひげを生やしているオシャレな男性をイケメンよろしく「ヒゲメン(MEN)」と呼ぶそうだ。
電動シェーバーなどで知られる小型家電ブランドのブラウンの調べによると、ひげを生やしている成人男性は増加傾向にあり、2006年には推定600万人(前年比20%)に達していたという。
それは、5人に1人という割合になるらしい。
そんな中、オリコンが「ひげの似合うタレント」について調査したところ、総合1位にはオダギリジョーの名前があがった。

※※※ 中 略 ※※※

総合4位ジョニー・デップは、映画 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャック・スパロウ船長の印象が強烈だった。
今年1月8日に、映画『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のプロモーションで来日した際も、セクシーなひげをたくわえていた。

※※※ 以 下 省 略 ※※※



その他のランクイン&詳しくは、こちら。→ オリコン


日本人ばかりがランクインの中、ジョニーだけが外国人。
これって結構凄い!!(と思う)
私なら、もちろん髭と言えば・・・ジョニーなんだけどなぁ~♪(笑)

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

『パイレーツ・オブ・カリビアン4』が2011年公開する? 

10017526947.jpg


ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの大ヒットシリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』4作目が製作されると、インターネットサイトAint it Cool Newsが伝えた。

※※※ 中 略 ※※※

『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、3作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』が3部作シリーズの最終章にあたるが、以前からプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが4作目の製作をほのめかしていた。
ジョニー・デップとオーランド・ブルーム、そしてキーラ・ナイトレイの主演3人の続投も実現すれば、再び大ヒット間違いなしだろう。



詳しくは、こちら。→ シネマトゥデイ


本当ですかぁ~??
前から噂はありましたが・・・どうなのでしょう?
実現したとしても、オーリーやキーラの出演って難しいような気がする・・・
でも実現したら、少し嬉しいかなぁ・・・

記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。