スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説ドラキュラの続編出版へ 

21CARV7WA9L__SL500_AA140_.jpg

アイルランド人作家ブラム・ストーカーが1897年に発表した小説「ドラキュラ」の続編「ドラキュラ・ジ・アンデッド(Dracula:TheUn-Dead)」(原題)が今月出版される。
ストーカーの甥の孫に当たるダクレ・ストーカー氏が執筆者の1人を務めたもので、文字通りブラム・ストーカーの血を受け継いだ作品だ。

※※※ 中 略 ※※※

約500ページに及ぶ続編は、前作の結末から25年たった1912年が舞台。
ロンドンやパリで身も凍る殺人事件が相次ぎ、これををきっかけに欧州各地で吸血鬼狩りが行われ、ドラキュラの恐怖がよみがえる。
前作の登場人物の1人が復活、新たにロンドン警視庁の刑事や同性愛の女吸血鬼のほか、ブラム・ストーカー自身も登場するという。
 映画化の話も進行中で、執筆者2人の意見では、ドラキュラ役はジョニー・デップ、女吸血鬼役はキャサリン・ゼータジョーンズが務める可能性があるという。



くわしくは、こちら。 → 時事ドットコム


以前に出ていた『ドラキュラ』のお話ですね。
ぜひ、ジョニーのドラキュラを見てみたい!!
本も読んじゃおうかな・・・

続編の前に最初のを・・・
      ↓



記事を気に入って頂けましたら、こちらもクリックお願いしま~す。
     ↓


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://johnnyrin.blog64.fc2.com/tb.php/914-ae6244fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。